ホーム > mixiニュース > 地域 > ゲイ暴露「一橋大アウティング事件」の弁論終結、判決は来年2月

ゲイ暴露「一橋大アウティング事件」の弁論終結、判決は来年2月

0

2018年10月31日 15:22  弁護士ドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

弁護士ドットコム

写真記事画像
記事画像

ゲイであることを暴露(アウティング)された一橋大の法科大学院生(当時25)が、大学敷地内で転落死した「一橋大アウティング事件」。遺族が大学の相談対応の不備などを訴え、東京地裁で起こした訴訟は10月31日に弁論が終結した。判決は2019年2月27日。


【関連記事:ヤクザの幹部をやめて「うどん屋」に…「今度は死ぬ気でカタギをやるしかない」】


亡くなった学生は、法科大学院の同級生でつくるLINEグループで、同級生男子からゲイであることを暴露された。その後、体調を崩し、2015年8月24日に大学構内の建物から転落死した。


遺族は、学生が何度も大学に相談していたのに、適切な対応が取られなかったと主張。一方、大学側は十分な対応をとっており、転落死は予見できなかったとしている。


この日の弁論期日にも、学生の両親が出廷。2016年8月の報道以来、傍聴席には毎回、裁判を支援する当事者や一橋大OBの姿があった。両親は期日後、傍聴席に向かって一礼。母親は「いつもありがとうございます」と述べ、目頭を押さえていた。


なお、遺族と暴露した同級生は、2018年1月15日付で和解している。



(弁護士ドットコムニュース)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定