ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 若者でも頻尿つらい! 映画中も会議中も…頭ん中はトイレのことだけ 2時間に1回以上行けば頻尿?

若者でも頻尿つらい! 映画中も会議中も…頭ん中はトイレのことだけ 2時間に1回以上行けば頻尿?

1

2018年11月04日 07:01  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真たまった水をはね上げるししおどし(写真はイメージ)
たまった水をはね上げるししおどし(写真はイメージ)

 最近、トイレが近くて困っています。もう少しで27歳になりますが、まだ若いつもりです。それでも、仕事中や就寝中、あらゆる時に頻尿に悩まされています。何度も「ししおどし」のCMで有名なあの薬などを飲もうかと考えました。自分だけかと思っていましたが、意外と同じような苦しみを体験をしている同世代は多いようです。なぜ起きるのか、改善方法はあるのか、専門家に聞きました。(影山遼)

【画像特集】見たことある?衝撃の「手洗い器つき小便器」はこちら。男性トイレに革命!その使い方も紹介。

毎日8回以上で頻尿
記者は映画を見る前に絶対トイレに行きます。が、最後の30分といった大事な場面でまた行きたくなることが多々あります。そこで我慢すれば、今度はストーリーが頭に入ってこないという悪循環です。知らない場所に行くときにまず最初に確認するのはトイレの場所です。

 日本泌尿器科学会によると、朝起きてから夜寝るまでの排尿回数が8回以上の場合が頻尿です。2時間に1回以上行く人が頻尿でしょうか。意外と多くの人にあてはまりそうです。明らかに水分を多く摂取しているようであれば、水分の調節で改善しますが、病気に起因することも多いようです。

 トイレに行く回数は1日5〜6回が正常ですが、それ以外でも個人の感じ方で排尿回数が多ければ、頻尿と言えます。定義は意外とあいまいで、引き起こす原因は様々です。原稿を書きながら、トイレや尿という文字を多用しているだけで、早くもむずむずしてきました。こんな状況では、今後の人生が心配です。

頻尿かは本人の感じ方次第
 いてもたってもいられず、福井大学医学部泌尿器科学講座で教授を務める横山修さん(61)に話を聞きました。

 横山さんは「頻尿は困っていれば治療の対象ですが、本人が不具合を感じていなければ問題ありません。ただ、頻尿だと感じて診察に来て、他の病気が見つかることも多いので安心はできません」と話します。

 一般的に膀胱は200〜300ミリリットルたまると尿意を催し、最大400ミリリットルまで我慢できます。ただ、これもかなり個人差があります。ちなみに1日に出る尿の量は1000〜1500ミリリットルが通常だそうです。

尿意で映画のストーリーが…
 横山さんに自身の状況を事細かに伝えました。具体的には以下のような内容です。

 夜寝る前もトイレに行きますが、残尿感があり、トイレから出た時に「まだ出そう」と戻るという流れを2〜3回繰り返しています。けれど、結局寝てからまたトイレに起きるというパターンがお決まりです。かなり睡眠の質が下がっている気がします。

 新幹線ではトイレに近い位置を指定します。さらに天敵は長距離バス。パーキングエリアやサービスエリアにとまる度に「その次までに行きたくなったらどうしよう。今行っておかないと」との不安が襲ってきて、必ず行きます。そのため眠りも浅く、なかなかしんどいです。昔、ミャンマーを旅していた時は1時間に1回バスをとめてもらい用を足していました。

No.1の原因は?
 横山さんは「話を聞く限り、慢性前立腺炎ですねそれは」と教えてくれました。慢性前立腺炎とは残尿や切迫感があるもので、若い男性に多い頻尿の原因ランキングにおいて堂々の1位だそうです。読んで字のごとく、前立腺に炎症が起きている状況です。

 前立腺は男性にだけあります。膀胱の下に尿道を囲むように存在しているのです。本を参照します。「よくわかって役に立つ排尿障害のすべて」(西澤理)によると、年間60万〜100万人の新患が受診しているとの推測もあり、驚くべき多さです。その割合、20〜79歳の男性の約5%にも達します。横山さんは「今後も増えていくのではないでしょうか」。

前立腺炎とは
 「しつこい病気なんですよ、これ」。横山さんによると、肛門の方から触って膿(うみ)がたまっているかや痛みはないかなどを診断し、「排尿中に灼熱感があるか」「用を足した後に尿が残っている感じがあったか」などを確認します。

 前立腺炎の分類は複数あります。「急性」前立腺炎と呼ばれる分類は、1週間ほどで治ります。痛くて発熱があり、入院することもありますが、抗生物質で効果があるため治しやすいそうです。

 次に、この記事で主に取り上げている「慢性」前立腺炎。こちらは2種類あります。片方は細菌性のため、こちらも比較的治しやすいです。

 問題は細菌性でない方。横山さんは「これが一番やっかいです」と強調します。先ほど前立腺に炎症があると説明しましたが、このやっかいな分類だと炎症がある場合とない場合に分かれます。「薬である程度コントロールしていきますが、治療が難しい。治ったり再発したりを繰り返していきます」。特効薬がないため、我慢する状態が続きます。

 もう一つ分類がありますが、これは症状がないため「たまたま」でしか発見できないようです。

仕事で我慢する人も
 仙台市青葉区の会社員大関弘樹さん(27)も頻尿が悩みです。少なくとも1時間半〜2時間に1回はトイレに行くそうで、多い時は1時間に1回のこともあります。1日8回以上という頻尿の定義を満たしていそうです。

 大関さんの場合、自分の尿の勢いに驚かされることが多いといいます。「どれだけ短い間隔で行っても、チョロではなくジャーという勢いで毎回出てきます」

 社会人になってから「頻尿でないか」と思い始めたそう。本人は「コーヒーやお酒など体内に入れる水分が学生時代より増えたからでは」と原因を分析します。

 問題は上司と一緒にいる時。「トイレ行って良いですか」と頻繁に聞きづらく、長い会議の際などは困るようです。むしろ「頻尿の人」という印象を残すことで、トイレに行きやすくしているともいいます。

竹から水出るハルンケア
 竹から水がちょろちょろ出る「ししおどし」を使ったCMが懐かしい「ハルンケア」。これは高齢者社会のニーズに合わせて誕生しました。軽い尿もれ、おしっこの回数が多い、残尿感や尿が出渋るといった症状を緩和する一般用医薬品です。切羽詰まった記者は、若者でも使えるのか気になりました。

 作っている大鵬薬品に聞いてみると、担当者は「15歳以上が対象になっているので、若い方でも飲めます。ごくたまに若い方からの相談も受けます」と話します。ですが「圧倒的に支持してくださるのは40代以上の方です」とのことでした。

 筆者よりも厳しそうな頻尿に苦しむ人はいっぱいいそうです。あまりにもつらい場合は病院の受診をお勧めします。他の体験談がありましたら教えてください。お待ちしております。

このニュースに関するつぶやき

  • 若い男性も前立腺が腫れると困りますね。
    • イイネ!15
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定