ホーム > mixiニュース > コラム > 「プログラミングで生きる」 小中不登校だった僕が、やっぱり大学へ行く理由

「プログラミングで生きる」 小中不登校だった僕が、やっぱり大学へ行く理由

3

2018年11月05日 07:01  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真パソコンに向かいコードを打つ大野智葵さん=2018年5月
パソコンに向かいコードを打つ大野智葵さん=2018年5月

【#withyou 〜きみとともに〜】
 学校で学ぶ必要はあるのか。小学校低学年からずっと不登校だった18歳の青年が、プログラミングを始めたことを機に、「学校で学ぶ必要」を見いだし、今春、見事、慶応大学に入学しました。いまも卒業をめざして、苦手な科目にも取り組みながら通っています。(朝日新聞社会部記者・宮坂麻子)

【画像】「ぼくはがっこうへいっていない」 不登校の子の気持ち、描いた漫画

「集団授業が無理だった」
 「大学へ行こう!」――。

 小3からずっと不登校だった大野智葵(ともき)さん(18)が、初めて「学校で学ぶ必要」を感じたのは、高3のことでした。コンピュータープログラミングが必修の広域通信制(単位制)「コードアカデミー高校」(本部・長野県上田市)で学び、仲間から刺激を受けたことがきっかけです。慶応大環境情報学部に合格し、今春から下宿して通っています。

 埼玉県の3人きょうだいの長男。小1で不登校ぎみになり、小2は登校できましたが、小3からはまた不登校になりました。「特別な理由はない。素のまま、周りにめっちゃ話しかけて、うざいと思われていたかもしれないけど」と、大野さんは話します。

 勉強は嫌いではありません。地図や方角が苦手で、「これ」とか「あれ」とか指示語が多い会話や、たわいもない会話も得意ではありません。でも、好きなことへの集中力は負けません。小学校低学年で夢中になった現代版ベーゴマ「ベイブレード」は、200種ぐらいのパーツの名前や攻撃力もすべて暗記してしまったほどです。

 不登校が続いた小5の時、中学受験をしてリセットしようと、進学塾に通い始めました。でも「集団授業はやっぱり無理だった」と言います。受験もあきらめたころ、プログラミングに出会いました。

「プログラミングで生きるしかない」
 実は、2、3歳から家にある古いパソコンを触っていました。小学校低学年では友達とロボット教室に通い、ロボット大会で優勝したこともありました。小6の春、通い始めたのが近くにできたプログラミング教室「TENTO(テント)」です。面白くてのめりこみました。それが功を奏してか、小6の夏に再度、中学受験をめざす気になり、個別指導の塾へ通い始めました。算数でカレンダーの問題が出るとすぐ解けるプログラムを組むなどしながら学び、見事、有名私立中高一貫校に入学しました。

 ですが、しばらくするとまた登校できなくなりました。「もう学校は無理なんだと思って、絶望しました」

 家でプログラミングをして、ご飯を食べ、寝る日々。プログラミング教室は通い続けましたが、学校には登校できませんでした。それでも、私立中学は卒業証書をくれました。「プログラミングで生きるしかないと思った」

 母が見つけてきたのが、「コードアカデミー高校」です。長野県周辺で私立佐久長聖中学・高校や、予備校、多数の幼稚園などを経営する「信学会」グループが、2014年春に開校しました。プログラミングを重視しており、約5割が首都圏の生徒と言います。

専門知識のなさを痛感
 入学後、自分よりも好きなことに生きる「とがった仲間」が、たくさんいることに驚きました。文章を書くのが好きで文章で収入を得ている人。仮想通貨で稼ぐ人。企業でバーチャルホームロボット「ゲートボックス」の開発に関わる先輩……。大野さん自身も企業のインターンでエンジニアとして働き始め、そこで衝撃を受けました。

 エンジニアの会話についていけなかったのです。プログラミング教室のOB組織を立ち上げ、(プログラムの開発などを競う)ハッカソンの大会でも優勝していました。「自分はできる」と思っていたのに……。ネットやセキュリティーの根本的な専門知識のなさを痛感しました。そして思いました。「やっぱり大学へ行こう」

 高校の先生たちも背中を押してくれました。高3では、独創的なアイデアや卓越した技術を持つ生徒をさらに育てる「未踏ジュニア」に選ばれ、ビジュアルプログラミング言語の開発もしました。そうした経歴を持って慶応大AO入試に挑みました。

 合格発表の日、初めて父親が号泣する姿を見ました。

プログラミングのためなら、勉強する気になる
 いま、大学で講義を受けていると、「一方的に話す講義なら動画配信で十分なのに」と思うことがよくあります。一方で、教えあう少人数の授業は面白い。苦手な数学もプログラミングの技術を上げるためと思うと、勉強する気になります。

 コードアカデミー高校からは、昨春と今春で3人が慶応大に合格。現在約50人の後輩が学びます。成沢文男教頭(59)は言います。「大学がゴールではない。腕を磨き、どこでも仕事をして食べていける社会人になって欲しい」

【お知らせ】トークイベントを開きます
 10代のハッタツ・トーク!センパイ当事者3人の『ワタシ』的生き方

 11月10日(土)14時より、朝日新聞メディアラボ渋谷分室で発達障害がある10代の方々を対象にトークイベントを開催します。

 「学校生活・友人関係がうまくいかない」「親とどうしても通じ合えない」「このまま生きていって、進路やその先の生活は大丈夫だろうか」など不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

 発達障害の当事者であり、現在自分らしく生きていらっしゃる以下3名のゲストをお招きします。
・動画やSNSなどで発達障害について発信している Ayanoさん
・15歳で「HORIZON LABO」を始めたコーヒー焙煎士 岩野響さん
・NPO法人AVENGE OF MISFITS 代表理事 池田誠さん  

 発達が気になる子どもの親向けポータルサイト「LITALICO発達ナビ」さまとの共催です。
 当日は、発達ナビさまのYouTubeチャンネルで生配信をして、ご来場が難しい方々にも内容をお届けする予定です。詳細は、発達ナビさまのサイト(https://h-navi.jp/column/article/35027050)をご覧ください。


 ◇ ◇ ◇

【#withyou 〜きみとともに〜】
withnewsでは、生きづらさを抱える10代に向けた企画「#withyou」を続けています。いろんな生き方、いろんな相談先があります。「#きみとともに」もつけてツイッター(@withnewsjp)などで発信しているので、みなさんの生きづらさも聞かせてください。

このニュースに関するつぶやき

  • 一所懸命に学校へ行って集団生活を送ろうと必死に努力している子供と支えてる親の方が世の中には圧倒的に多い。秀でた子供と不登校を受け入れられる少数派家族の記事。 https://mixi.at/ahP3MCs
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定