ホーム > mixiニュース > 海外 > 中間選挙で、もし上院が与野党同数になったら? - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

中間選挙で、もし上院が与野党同数になったら? - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

1

2018年11月06日 19:02  ニューズウィーク日本版

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<上院が50/50で与野党同数になった場合、次の選挙までの2年間、トランプ大統領は困難な議会対策を迫られることに>


アメリカの中間選挙は、下院が民主党多数という情勢の一方で、上院の過半数を与野党のどちらが取るかが焦点になっています。非改選議席を含めた投票直前の情勢としては、様々な世論調査や、その平均値を公表するサイトなどの見解を総合すると、


▼民主党......ほぼ固めた議席47、やや優勢3


▼共和党......ほぼ固めた議席48、やや優勢2


という状況になっていると考えられています。


このうち、民主党の「やや優勢」は、


▽ネバダ州......共和党現職のヘラーと、民主党新人のローゼンが接戦、最終段階ではやや民主にモメンタムか。


▽アリゾナ州......新人女性候補の一騎打ちは互角の接戦。最後に来て、シネマ(民主)が、マクサリー(共和)をやや上回ったか?


▽ニュージャージー州......ベテランのメネンデス(民主)は安泰と思われたが、選挙への関心が高まるにつれて「汚職事件の灰色決着」が嫌われ、支持が低下中。但し、地盤としては強固なので逃げ切りか(?)。


共和党の「やや優勢」は、


▽テネシー州......新人同士の戦い。当初は民主のブレデセン優位でスタート。最高裁判事への保守派指名でブラックバーン(共和)が逆転。今回の小包爆弾やユダヤ教礼拝所襲撃で、再び民主党が追い上げ中だが届かないか?


▽テキサス州......元大統領候補の現職テッド・クルーズ(共和)に、起業家のビト・オルーケ(民主)が猛追。一度も追いついたことはない中で届かず終戦か?


となっています。その他にも、フロリダ、インディアナ、ミズーリなど、民主党優位が伝えられている州でも予測は困難です。個人的な感触としては、地元ニュージャージーで民主党現職(メネンデス)落選というサプライズの可能性が否定できないので、予想というのは大変に難しい状況です。


それはともかくとして、上記の「やや優勢」がそのまま結果につながった場合には、「どちらも過半数が取れない」つまり、最終の議席数が50/50という可能性は否定できなくなって来ました。とりあえず、その「与野党同数」という場合になったら何が起きるのかを考えてみたいと思います。


与野党同数というと、例えば沖縄県の与那国町の町議会で、与野党同数のために議長を出すと議決権が減るので議長選を100回近く行うという「ドタバタ」がありました。ですが、米上院の場合は「議決が同数の場合は上院議長である副大統領が最後の一票を入れて決する」という憲法の規定があり、そうした「堂々巡り」になる心配はありません。


では、50/50というのは事実上は51/50であって、政治的には上院は与党支配で安泰なのかというと、必ずしもそうではありません。というのは、比較的近年、この50/50という事態が実際に起きており、政治的には実に不安定だったからです。


それは、2000年11月に行われた選挙の結果として2001年に発足した「第107議会」の上院です。この時は、選挙の結果、共和党が議席を減らし、50/50という議席配分が実際に起きてしまいました。そこで、同年に発足したブッシュ政権のチェイニー副大統領が「最後の一票」を行使して上院をコントロールしたのですが、次の選挙までの2年間に様々なことが起きました。


「議員の死亡・辞職」......基本的には選出された州の規定で暫定後任が指名され、その後に補選が行われました。


「議員の離党」......諸事情により所属政党を離党するケースが発生しました。


「議員の所属政党変更」......途中で共和党から民主党にスイッチする議員がでてきたため、これで両党の均衡が一時的に崩れています。


この「第107議会」の場合、2年間にこうした「議席数の変化」は6回も発生しています。ということは、仮に今回の選挙を受けて2019年1月に発足する「第116議会」が、上院の「50/50」でスタートした場合に、そのまま2年が平穏に過ぎる可能性は低いわけです。


実はその前哨戦というべき動きはすでに始まっています。今回の中間選挙では改選になっていないのですが、共和党内の「比較的中道派の議員」である、メーン州のスーザン・コリンズ議員と、アラスカ州のリサ・マコースキー議員は、いずれも次回の2020年に改選期を迎えますが、民主党から「こっちへ来ないか?」という強烈な「引き」が来ているというのです。


2人とも、10月の「カバナー最高裁判事の承認問題」では、保守票を気にして最後には「賛成」に回ったわけですが、「そんな苦しい判断をするぐらいなら、民主党に鞍替えしたら?」というわけです。このうち、メーン州については、コリンズ議員に対する民主党の「刺客」としてオバマ政権の国連大使・安全保障補佐官であったスーザン・ライス氏が名乗りを上げており、コリンズ議員には猛烈なプレッシャーがかかった感じになっています。


いずれにしても、50/50という事態になれば、当面はペンス副大統領の一票で共和党は上院を支配できるものの、2年間には様々な動きがありそうです。仮に51/49でも2年間には何が起きるか分かりません。弾劾問題を含む議会対策は困難が予想されます。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。ご登録(無料)はこちらから=>>




    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定