ホーム > mixiニュース > 地域 > 震災不明扱い 石巻の男性生存

震災で不明扱い:石巻の男性生存 家出して神奈川に

321

2018年11月08日 17:43  毎日新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

毎日新聞

 東日本大震災で行方不明とされていた宮城県石巻市出身の男性(50)が神奈川県内で生活していたことが判明した。宮城県警によると、震災による同県内の行方不明者は1人減り、1220人となった。


 県警によると、男性は震災前に家出をして行方が分からなかったが、震災後の2011年4月、姉が「(石巻)市内で津波に巻き込まれたかもしれない」と県警に行方不明届を出していた。


 ところが今年10月17日、神奈川県警の警察官が同県内をパトロール中、男性を発見。宮城県警が家族による写真確認などを行い、同月31日に本人と特定した。男性は「震災当時は関東方面にいた」と話しているという。


 震災で行方不明とされた人の生存が他県で確認されたのは、同県警では震災直後を除いて2例目。【遠藤大志】


このニュースに関するつぶやき

  • よく本人と気がついたね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • これ、7年以上、親族と音信不通でいたってことだよね。本人としては震災以前から縁を切ってたつもりだったんだろうな。
    • イイネ!352
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(191件)

あなたにおすすめ

ニュース設定