ホーム > mixiニュース > トレンド > 海外出店を加速するスシロー

スシロー、海外でどんどん出店 3年で3カ国進出へ、次はどこ?

42

2018年11月08日 19:03  ITmedia ビジネスオンライン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia ビジネスオンライン

写真スシローグローバルホールディングス傘下のあきんどスシローWebサイト(出典:あきんどスシロー)
スシローグローバルホールディングス傘下のあきんどスシローWebサイト(出典:あきんどスシロー)

 回転すしチェーンを展開するスシローグローバルホールディングスは、海外出店を加速する。2019年9月期からの3年間で、これまでに出店した韓国と台湾に加えて、新たに3カ国以上に進出。19年9月期はシンガポールへの出店を計画する。3年間で海外店舗比率を全体の1割に引き上げ、海外売上高200億円を目指す。「スシロー」がグローバルブランドに成長するための足掛かりをつくる方針だ。



【その他の画像】



●国内は500店舗達成、台湾も好調



 11月8日に開いた18年9月期の決算説明会で、水留浩一社長が19年9月期を初年度とする中期経営計画を発表した。19年9月期までの計画をすでにほぼ達成したため、前倒しで計画を策定したという。



 「スシロー」業態は国内外で順調に店舗数を拡大している。18年9月期、国内では33店舗を出店し、閉店数はゼロ。18年7月には、回転すし業界初の国内500店舗に到達した。



 同時に海外出店も強化。6月に台湾に進出し、すでに2店舗を出店。韓国でも3店舗を新規出店し、10店舗体制を構築した。



 この2カ国については、今期以降も出店を継続。水留社長は「1店舗の1カ月当たりの売り上げは、日本では2700万〜2800万円であるのに対して、新たにオープンした台湾の店は4000万円程度。大盛況だ」と説明。店舗数を急速に拡大していく方針を示した。



 さらに今後3年間で、1年につき1カ国以上への進出を目指す。まずは、食文化の親和性が高く、市場の成長を見込めるアジア圏を視野に入れる。東南アジアでは、すでにシンガポールに現地法人を設立。水留社長は「次に進出するのはシンガポールだろう」と話す。シンガポール法人を拠点に東南アジア各国への進出を目指す。



 アジア圏の次に視野に入ってくるのが北米だ。まだ具体的な計画はないが、水留社長は「競合他社はすでに店舗を構えており、ニーズがあることは確認できている。スシローの良さを表現できる形で進出できるように、何らかの基盤をつくりたい」と話した。



●3年間で100億円を海外に投資



 また、設備投資も拡大し、海外事業に多くを振り向ける。今後3年間で約100億円を海外事業に先行投資する計画だ。



 水留社長は海外展開について、「日本のメーカー企業は、世界のどこに行っても目にするブランドを培ってきた。サービス業のスシローとしても、世界各国で看板を目にするようなブランドに育てていきたい」と展望を語った。



 国内では引き続き、スシローを3年で100店舗出店していく。主力の郊外型モデルの店舗に加えて、都心モデル、商業施設内モデルの店舗も広げる。郊外型モデルを年20〜30店舗、都心モデルを5〜10店舗、商業施設内モデルを5〜10店舗のペースで出店する計画だ。



 中期計画では、21年9月期に売上高2400億円、純利益100億円の目標を掲げる。18年9月期と比べると、約10%増の成長を目指す。水留社長は「次のステージに向けた発射台となる3年にしたい」と意気込みを語った。


このニュースに関するつぶやき

  • 元気寿司と提携したから海外進出も容易になったやろうな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • くら寿司は以前からアメリカを攻めていたので、スシローが後発で出店ということですね。結構、21世紀の寿司メニューがあるので、北米等でも上手くいくと思います。
    • イイネ!7
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(16件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定