ホーム > mixiニュース > 社会 > 0-2歳児世帯に商品券認める案

0〜2歳児世帯も購入可能に=消費増税負担軽減のプレミアム商品券

547

2018年11月08日 19:05  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 2019年10月に予定される消費税率10%への引き上げに当たり、政府が負担軽減策として発行を検討している「プレミアム付き商品券」について、0〜2歳児がいる世帯にも購入を認める方向で調整していることが8日、分かった。今月中にも概要を固め、年末に編成する19年度予算案に関係費用を盛り込む見通し。

 プレミアム商品券は市町村などが発行。利用者の購入額に一定額を公費負担で上乗せし、支払った以上の買い物ができるようにする仕組みだ。

 政府は、購入者を低所得層に限定したい考え。ただ、今回の増税に合わせて3〜5歳児は全て幼稚園などの費用が無償となるのに対し、2歳以下の乳幼児の場合は、住民税非課税の低所得世帯しか無償化の恩恵を受けられない。このため0〜2歳児を持つ家庭には中高所得層も含めて商品券購入を認める案が浮上した。 

このニュースに関するつぶやき

  • 主に電子マネー決済の人は、現物の商品券をわざやざ買って持ち歩くとか面倒臭くて仕方ないと思うんだが。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • ふざけんなよそんなもの作る余裕があるなら増税しなくていいだろ
    • イイネ!658
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(362件)

あなたにおすすめ

ニュース設定