ホーム > mixiニュース > トレンド > スバルも「日本COTY」を辞退へ

スバルも日本カー・オブ・ザ・イヤー辞退へ 不正問題

66

2018年11月09日 05:44  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

 スバルは、追加リコールを国土交通省に届け出たことを受け、今年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考対象になることを辞退する方針を固めた。昨年も無資格検査問題で辞退している。今年は、全面改良したSUV(スポーツ用多目的車)「フォレスター」が、最終選考対象の10車種に選ばれていた。スバルは今月5日、ブレーキなど安全性能の出荷前検査で見つかった不正が、不正を公表した9月28日以降も続いていたと発表。8日国交省に追加リコールを届け出た。


 一方、スズキも9月に公表した検査データ改ざん問題を受けて、選考対象となることを辞退した。今年は20年ぶりに全面改良した軽四輪駆動車「ジムニー」が有力候補に挙がっていた。スズキは一連の問題を受け、国土交通省に問題の調査報告書の提出を求められている。


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • ちょwスバルもスズ菌に感染?www 最近リコールが多い業界だけど、派遣入れすぎなんじゃね? それとも、今までは隠してただけ?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • リコールは必ず出るもの。リコールを報告するメーカーは良心的で良いメーカー。「間違いや失敗はどんなに小さくても絶対許さない!」この考え、体質の方が問題。 官僚や東芝が衰退する高学歴病。
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(41件)

あなたにおすすめ

ニュース設定