ホーム > mixiニュース > 海外 > 銃撃の最中、トイレに隠れた友人から電話 米12人死亡

銃撃の最中、トイレに隠れた友人から電話 米12人死亡

1

2018年11月09日 08:42  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真多数の死傷者が出た米カリフォルニア州サウザンドオークスの銃撃事件の現場近くで8日、抱き合う人たち=ロイター
多数の死傷者が出た米カリフォルニア州サウザンドオークスの銃撃事件の現場近くで8日、抱き合う人たち=ロイター

 深夜のバーでの無差別銃撃で12人が死亡したロサンゼルス郊外のサウザンドオークス市の現場に、事件から一夜明けた8日朝、入った。現場は、閑静な高級住宅街で、事件のあったバーのすぐそばにはゴルフ場もある。その静かな一角が、地元警察に封鎖され、事件の重大さを物語っていた。


 現場のすぐ近くに住むサラ・シリクラさん(44)が、異変に気づいたのは、事件が起こった直後の7日午後11時半(日本時間8日午後4時半)ごろだった。バーから周囲に漏れ聞こえていた音楽が止まり、集団の悲鳴が辺りに響いたという。何事かと思い、近くまで歩いて見に来ると、大勢の若者たちが悲鳴をあげながら、逃げてくるところだった。


 シリクラさんは「逃げてくる若者たちの表情は決して忘れられない。シャツを着ていない人、裸足の人、けがをして血を流している人もいた。まるで戦場から子供たちが逃げてきたみたいだった」と涙ながらに話した。取り乱し、「お母さんに会わせて」と繰り返し、泣きじゃくる女の子もいた。


 シリクラさんの19歳の娘の友人は、事件当時にバーにいたという。友人は銃撃の最中、トイレに隠れていたといい、娘は電話で話していたというが、その後安否がわからないままだという。シリクラさんは「無事だったかどうかとても心配。情報がないので、ここに来ればわかるかと思って……」と不安げに話した。(カリフォルニア州サウザンドオークス市=尾形聡彦)


■最近の米国の主な銃乱射事件


・2012年12月 コネティカット州ニュータウンの小学校で男が児童ら26人殺害


・13年9月 ワシントンの海軍施設で元海軍予備役兵が12人殺害


・15年6月 サウスカロライナ州チャールストンの黒人が多く集う教会で男が9人殺害


・16年6月 フロリダ州オーランドのナイトクラブで男が49人殺害


・17年10月 ネバダ州ラスベガスで男がコンサート会場を狙い58人殺害


・  11月 テキサス州の教会で男が26人殺害


・18年2月 フロリダ州パークランドの高校で元生徒が、生徒ら17人殺害


・  10月 ペンシルベニア州ピッツバーグのユダヤ教礼拝所で男が11人殺害


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 全米ライフル協会の票が命より重い大統領や議員
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定