ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > どうなる4K放送!? 開始まで1カ月を切ったが認知度は低いまま……

どうなる4K放送!? 開始まで1カ月を切ったが認知度は低いまま……

17

2018年11月09日 08:43  ITmedia ビジネスオンライン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia ビジネスオンライン

写真12月1日から新4K・8K衛星放送がスタートする
12月1日から新4K・8K衛星放送がスタートする

 2018年12月1日午前10時から、「新4K・8K衛星放送」がスタートする。



【その他の画像】



 すでに、1カ月を切っているが、業界内では頭の痛い問題が発生している。それは、4Kに対する認知度が依然として低いことだ。



 放送局や機器メーカーなどが参加する一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)は、16年9月から、これまでに4回に渡って、4Kおよび8K放送に関する市場調査を行ってきた。



 11月5日には、最新調査となる18年9月時点での結果が発表されたが、これによると、4Kという言葉は、86.3%の人が知っており、8Kについても59.0%の人が知っているという結果が出ている。



 調査結果をまとめたリリースでは、「9割近くの人が4Kという言葉を知っている」と表現しているが、この内訳をみると、4Kという言葉を知っている人の中には、「知っているような気がする」という曖昧な回答までが含まれており、この分(26.3%)を引くと、本当に「知っている」と回答した人は60.0%にとどまる。しかも、16年9月の調査では、「知っている」と回答した人は57.2%。2年を経過しても、2.8ポイントしか上昇しておらず、4Kに対する認知度が、まったく向上していないというわけだ。



 また、4K放送に対する視聴意向が低いことも問題だ。最新調査では、「ぜひ視聴したい」と回答した人は11.6%とわずか1割。「まあ視聴したい」という回答も28.3%となっており、この2つの回答を足しても39.9%にとどまる。つまり、6割の人が、4K放送には興味がないということになる。



 そして、もうひとつ業界にとって、懸念すべき結果は、これまで購入した4K対応テレビには、新たに4Kチューナーが必要であるということを認知している人が22.7%と、4分の1以下であることだ。



 もちろん、この中には、4K対応テレビを持っていない人が数多く含まれることから、それらの人にとっては関係がない話で興味が薄いのも当然だ。そこで、4K対応テレビの所有者に絞り込んで調査結果を見てみると、52.0%の人が知っていると回答している。22.7%という数値と比べると高く見えるが、よくよく考えてみると、4K対応テレビを持っている当事者でも約半分しかその事実を知らないというのは問題だと言えるだろう。



 これまでに販売されてきた4K対応テレビのリモコンには、基本的には「4K」というボタンがない。12月1日以降に、始まった4K衛星放送を見てみようと思ったものの、リモコンに4Kに切り替えるボタンがないことに気が付いたり、そのままでは4K放送が見られないことに驚いたりする4Kテレビユーザーが約半分も存在する計算になるのだ。



●左旋と右旋



 さらに、新4K・8K衛星放送を視聴するには、これ以外にもいくつかの課題があることを知っておかなくてはならない。



 ひとつは、視聴したいチャンネルによっては、新たにアンテナやブースター、分配器を設置したり、屋内でのWi-Fiへの干渉対策も含めて、電波漏えいをしないように対策したりする必要がある点だ。



 新たな設備が必要なのは、「左旋」と呼ばれる方式を採用した放送が対象で、「右旋」で放送されるNHK BS4K、ビーエス朝日、BS-TBS、BSテレビ東京、ビーエスフジ、BS日テレ(BS日テレのみ2019年12月に放送開始)の場合は、ほとんどの家庭で、現行の地デジの受信環境のままで視聴が可能だ。だが、ショップチャンネル、QVC、映画エンタテインメントチャンネル、スカチャン4K、WOWOW(WOWOWは2020年12月放送開始)は、左旋に対応したアンテナなどが必要になる。



 当然、左旋方式で放送するテレビ局にとっては、左旋方式の視聴環境を整えなくては、放送しても限られた視聴者だけを対象にすることになる。左旋方式で放送する局にとっては、新たなアンテナや分配器などを購入しなくてはならないというハードルを、早期に解決する必要があるというわけだ。



 現時点では、量販店では右旋および左旋の両方に対応したアンテナが主流になりつつあるので、アンテナを買い換える予定であれば、それを選んだ方がいいだろう。



 ちなみに、家庭内での電波漏えい対策には助成金制度もあるので、この制度を活用することをお勧めしたい。



 なお、ケーブルテレビで放送を視聴している場合には、4K専用のセットトップボックスが必要だ。これは、各ケーブルテレビ会社に問い合わせるのがいいだろう。



 また、4Kテレビに4Kチューナーを接続する際には、HDMIケーブルを使用する。このとき注意をしなくてはならないのは、ハイスピードHDMIケーブルが必要だという点。とくに、HDR対応テレビなどと接続する場合には、18Gbps対応HDMIケーブルを使用しなくてはならない。どのHDMIケーブルでもいいというわけではなく、一定性能以上のHDMIケーブルで接続する必要があることを知っておくべきだ。



 そして、4K放送を録画するのであれば、4Kチューナーを搭載したレコーダーを購入する必要がある。もちろん、三菱電機の4Kテレビのように、ハードディスクを内蔵した製品ではそのまま4K放送の録画は可能であるし、4Kチューナーを搭載したテレビや、4Kチューナーがあれば、ハードディスクを接続することで、4K放送の録画は可能だ。ただ、4Kチューナーを搭載していない4Kテレビの所有者は、4Kチューナーを買わずに、4Kレコーダーを購入するという手もある。



 現在、4Kレコーダーの発売を表明しているのは、パナソニック、シャープ、ピクセラの3社だ。



●チューナーを搭載していない4K対応テレビもある



 さらに、12月からしばらくの間は、4Kチューナーを搭載した4Kテレビと、4Kチューナーを搭載していない4K対応テレビが、同時に販売されることにも注意しておきたい。価格が安いからということだけで購入してしまうと、あとから4KチューナーとHDMIケーブルを購入してなくはならないという事態に陥ることになる。



 A-PABでは、量販店や地域家電販売店などに対して、4Kチューナーを搭載していないテレビには、「このテレビに『4Kチューナー』などを追加することで視聴できます」と表示したPOPを配布しており、店頭では、このPOPをひとつの目安にして選ぶのがいいだろう。リモコンに「4K」というボタンがなければ、4Kチューナーが搭載されていないのは明らか。だが、中には、「+4K」などのボタンがある4Kチューナー非搭載テレビもあるので注意が必要だ。



 ちなみに、現時点では、4Kチューナー搭載テレビを発売すると表明しているのは、シャープ、三菱電機、東芝映像ソリューション、ピクセラ、ハイセンスジャパンの5社。さらに、富士通が、世界初の4Kチューナー内蔵のパソコンを投入する。ソニーやパナソニックの4Kチューナー内蔵テレビの投入は、2019年に入ってからになりそうだ。



 また、4Kチューナーは、年内までに、ピクセラ、パナソニック、ソニービジュアルブロダクツ、シャープ、東芝映像ソリューション、アイ・オー・データ機器、DXアンテナ、マスプロ電工の8社から発売される予定だ。



●地デジ移行とは違う



 11年の地上デジタル放送(地デジ)への移行の際には、すべてのテレビが変わる必要があったため、日本のすべての家庭を巻き込んだ買い換え騒動が起こった。しかし今回は、既存の地デジ放送は継続しながら、4Kという新たな放送が加わるという構図のため、すべての人が買い換える必要がない。従来の地デジ放送のままでいいという人にとっては、興味がない話だといえる。



 その点では、地デジ移行時のような大規模な需要が見込めず、19年秋の消費増税前までは、4Kテレビの販売には弾みがつきにくいとの見方も出ている。



 そして、今後、4Kテレビの普及を加速させるには、地デジの時以上に、新たな放送による画質の良さを訴求する必要があるといえる。



 放送が開始される12月1日午前10時からは、ビーエス朝日、BS-TBS、BSテレビ東京、ビーエスフジのBS民放4社が共同で、「BS4K開発"初"生特番〜日本で最高に美しい映像お見せします〜」を生放送。滝川クリステルさんを進行役として、午前9時45分から、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで行われる開始記念の火入れ式の様子を従来の2Kで生放送。午前10時になると4K放送に切り替わり、4Kならではの美しい放送への変化を体感できるようにした。



 A-PABの福田俊男理事長は、「2011年に地上デジタル放送が開始したときは、『デジタルテレビ新時代』をキャッチフレーズとしたが、今回は、『こんどのテレビは別世界』を掲げた。別世界の高画質を多くの人に体験してほしい」と語る。



 4K放送は、これまでにも、CSやケーブルテレビでは視聴できたが、今回の新4K8K衛星放送では、日本全体の75%にあたる4000万世帯での視聴が可能になる。



 衛星を利用した4K/8K放送の実用化は、日本が世界に先駆けたものであり、この動きは世界中からも注目を集めている。



 4K放送や4Kテレビの認知度はまだ低い。そして、テレビやチューナー、アンテナなどを巡る混乱もありそうだ。



 地デジ移行のときには、アナログ放送の終了時に向けて、需要のピークが生まれたが、新4K・8K衛星放送は、むしろ放送開始時からがスタートになる。だが、今のままでは混乱が発生するのは明らかだ。市場に混乱が発生しないように4Kテレビを普及させる仕掛けが求められる。



(大河原克行)


このニュースに関するつぶやき

  • エロサイトの��ばってんハム太郎��にも4Kってあるんだけどオイラのパソコンじゃ良く判らん_ト ̄|○ 挫折(♂) ・・・・・(無検索確認済み)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • チューナーとアンテナ必要ってのがハードル高いな。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(12件)

あなたにおすすめ

ニュース設定