ホーム > mixiニュース > トレンド > 赤と黒で、カッコイイ軽トラ

このカッコよさは何だ!! ホンダ「アクティ・トラック」の特別仕様車が魅力的すぎる

501

2018年11月09日 11:32  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真軽トラック「アクティ・トラック」の特別仕様車
軽トラック「アクティ・トラック」の特別仕様車

 本田技研工業(ホンダ)は11月9日、軽トラック「T360」の発売55年を記念したアクティ・トラックの特別仕様車「スピリットカラースタイル」を発売しました。価格は113万5080円(税込)からです。



【画像】軽トラのカッコよさを再認識できる特別仕様



 今回の特別仕様車は、ホンダ初の4輪車として1963年(昭和38年)8月に登場した軽トラック「T360」をモチーフにしています。当時の軽自動車規格に沿った360ccのエンジンは、並行して開発していたオープンスポーツカー「S360」と設計を共用できるように考えられていました。ライバル車種は2気筒が多かった中で4気筒の高回転型、さらに国内メーカーの市販車としては初めてDOHC(ダブル・オーバーヘッドカムシャフト)を採用し、30馬力を発生する高性能なものでした。



 T360の55周年を祝う今回の限定車は、現行の軽トラック「アクティ・トラック」をベースにツートンカラーの特別塗装を施しました。1つ目はT360の当時のカラーをイメージした「ベイブルー×ホワイト」。ブルーとホワイトの塗り分けがすがすがしくあざやかです。



 2つ目は、ズバンと赤い「フレームレッド×ブラック」。ホンダの耕うん機、除雪機、発電機などを展開する「ホンダパワープロダクツ」をイメージした仕様です。特に黒で塗り分けられた荷台と純正“てっちん”ホイールがビシッと決まっています。決まりすぎと言ってもいいくらいにカッコイイですね!



 ちなみにアクティ トラックは、エンジンを前後の車軸間に置いた「MR(ミッドシップ・リアドライブ)」方式のクルマです。2WDと4WDモデルがあり、5速MT仕様も当然用意します。MRで2シーターでマニュアルで車両重量780キロ(スピリットカラースタイル 2WD/5MT仕様の場合)と、仕様だけ並べるとスポーツカー。ファンが多いのもうなずけます。


このニュースに関するつぶやき

  • 日本COTY大賞ということで…。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 【HONDA】一家に一台軽トラ!
    • イイネ!67
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(290件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定