ホーム > mixiニュース > トレンド > ブリティッシュ・エアウェイズ、ヒースロー空港でフレディ・マーキュリー氏へのトリビュートダンス披露 映画「ボヘミアン・ラプソディ」公開を記念

ブリティッシュ・エアウェイズ、ヒースロー空港でフレディ・マーキュリー氏へのトリビュートダンス披露 映画「ボヘミアン・ラプソディ」公開を記念

1

2018年11月09日 20:02  Traicy

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Traicy

写真写真

ブリティッシュ・エアウェイズは、映画「ボヘミアン・ラプソディ」公開を記念し、ロンドン・ヒースロー空港でフレディ・マーキュリー氏へのトリビュートダンスを披露した。

フレディ・マーキュリー氏は1970年にQueenを結成するまで、ロンドン・ヒースロー空港の荷物係として勤務していた。トリビュートダンスは、イギリスのテレビドラマ「X Factor」などのコレオグラファー(振付師)であるリンドン・ロイド氏が振り付けを担当し、ブリティッシュ・エアウェイズとロンドン・ヒースロー空港の荷物係の職員が参加。数週間に渡る練習の後、フレディ・マーキュリー氏の誕生日に合わせ、ヒースロー空港ターミナル5の到着エリアで披露した。

ターミナル5の到着ボードにはQueenの楽曲が表示され、10月には搭乗エリアにQueenの記念品が展示されたほか、フレディ、フレデリック、フレディの本名であるファロックと同じ名前を持つ乗客は、専用ルート「The First Wing」を通り、ファースト・ラウンジへ招待した。

ダンスに参加した、ブリティッシュ・エアウェイズの荷物管理マネージャー、アダム・デューイ氏は、「フレディ・マーキュリーは誰もが認めるロックの伝説です。映画『ボヘミアン・ラプソディ』にインスピレーションを受け、かつて彼が勤務していたヒースロー空港で、彼の誕生日を祝う計画は非常に楽しい経験でした。」とコメントしている。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」はイギリスで10月24日、日本ではきょう11月9日に公開された。

このニュースに関するつぶやき

  • この映画、見に行きたいです!。
    • イイネ!0
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定