ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 平井鳥取県(改め蟹取県)知事がネプリーグに初参戦!難問にも「ムズ“カニ”イネ!」

平井鳥取県(改め蟹取県)知事がネプリーグに初参戦!難問にも「ムズ“カニ”イネ!」

1

2018年11月09日 20:12  ザテレビジョン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ザテレビジョン

写真11月12日(月)放送の「ネプリーグ」に平井伸治鳥取県知事が初登場/(C)フジテレビ
11月12日(月)放送の「ネプリーグ」に平井伸治鳥取県知事が初登場/(C)フジテレビ
11月12日(月)放送の「ネプリーグ」(毎週月曜夜7:00-8:00、フジテレビ系)では、松沢成文や平井伸治、松浪健太ら「政治家チーム」と、安藤和津や大宮エリー、やくみつるら「コメンテーターチーム」が対戦する。

【写真を見る】正解を連発し、ご満悦でカニPRに努める平井知事

1stステージは、あらゆる分野から出題される1〜4文字の穴埋めクイズ「ネプレール」。「政治家チーム」の元神奈川県知事で現参議院議員の松沢は「コメンテーターにいろいろ言われるのは嫌、たまには褒めてほしい」とコメンテーターに対する苦手意識をあらわにする。また、初参戦の平井鳥取県知事は「鳥取県改め“蟹取県”。困ったときはカニ(神)頼み」と、序盤からダジャレを盛り込み、鳥取県のPRで笑いを誘う。

対する「コメンテーターチーム」の安藤は、「政治家はコメンテーターのおいしいターゲット」と強気の発言で挑発。

2ndステージは、常識的な日本語に関する問題が出題される「日本語ツアーズバギー」。「政治家チーム」のトップバッターを務める平井知事は、東大法学部卒で林修の先輩。正解を連発すると、ポケットから鳥取グッズを取り出し「カニ(快)進撃!」とまたまたPR。

3rdステージは、さまざまなモノの割合を答える「パーセントバルーン」。世間とのズレが分かるこのステージでも平井知事は「ムズ“カニ”イネ(難しいね)」とコメントし、鳥取県のダジャレPRにいそしむ。

堀内健から「カニ男」と呼ばれるほど、カニPRに励んだ平井知事。果たして全国放送の「ネプリーグ」で鳥取県の爪痕を残せたか?(カニだけに)

■ カニのために、ベストを尽くして頑張りました

出演のきっかけについて、平井知事は「現在、鳥取県は “蟹取県”と称してPR活動を行っています。今回は鳥取のカニを売り込むため、カニのためなら恥もかこう!と思って参加しました(笑)」と明かした。

正答率によっては、知事なのに常識力がないと思われるリスクもあるが、「『パーセントバルーン』は結構難しかったですね! 正解がもともと見いだしにくいですから。国の政治家の常識がないということは、よく分かりましたが(笑)、地方の意地をお見せすることはできたかもしれないですね。カニのために、いろいろベストを尽くして頑張りました」と手応えがあった様子。

番組の見どころについては、「手に汗握る白熱したゲームだったと思います。コメンテーターと政治家が牙をむき合う舌戦も楽しめると思います。鳥取県民の皆様、小さな鳥取県から勇気を持って大きく挑戦しましたので、ぜひ見てやっていただければと思います。県外の方は、“鳥取へウェルカニ!”ということでよろしくお願いします」と最後までアピールを忘れなかった。(ザテレビジョン)

このニュースに関するつぶやき

  • 平井伸治・鳥取県知事のいる政治家チームに、何故か維新の松浪健太(大阪10区で辻元清美(立憲民主党)、自民党候補に敗れ、ゾンビ当選もできず、浪人中)がいる。バラエティー番組で顔を売る作戦か?
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定