ホーム > mixiニュース > 海外 > サウジ記者殺害でエルドアンに千載一遇の好機が

サウジ記者殺害でエルドアンに千載一遇の好機が

1

2018年11月13日 16:12  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<カショギ殺害事件の「決定的な証拠」を武器にアメリカとサウジアラビアに揺さぶりをかける>


10月23日のトルコ国会演説で、レジェップ・タイップ・エルドアン大統領はジャマル・カショギ殺害を「計画殺人」と糾弾しながらも、トルコ当局が握っているという情報を洗いざらい公表することはなかった。


殺害現場の録音音声や映像の問題には触れず、ある米当局者の言葉を借りるなら「鉄ついを下す」ことを控えた。全ては、サウジアラビアとアメリカが事前に了承していた範囲だった。


実際、エルドアンは21日にドナルド・トランプ米大統領と、その前の19日にもサウジアラビアのサルマン国王と協議していた。演説当日の朝にはジーナ・ハスペル米CIA長官がトルコの情報当局トップと打ち合わせ、演説直前のエルドアンとも協議した。


もう少し時間をくれ、詳細の公表は捜査の完了後にしてくれ。アメリカもサウジ側も、そう要請してきた。エルドアンは二つ返事で応じた。この問題に関しては時が自分に味方することを、十分に承知していたからだ。


トルコの元国会議員で今はアメリカのシンクタンク民主主義防衛財団に所属するアイカン・エルデミシュに言わせれば「カショギ事件でエルドアンは、国際社会で最高に役立つものを得た」。つまり「貸し」である。また外交筋によると、エルドアンの最大の願いはサウジアラビアのムハンマド皇太子の勢いを止めることだ。「サウド王家内部の権力構造再編を本気で進めたがっている」と、ある米政府高官は言う。


それだけではない。エルデミシュによれば、サウジアラビアとエジプト、そしてアラブ首長国連邦(UAE)の連携を弱めることも狙っている。エルドアンは最近、「トルコはイスラム世界を導くことができる唯一の国」だと述べている。そうであれば、アラブの盟主を自任するサウジは邪魔な存在だ。


もちろん、エルドアンがカショギ殺害を人権無視の蛮行と非難するのはお笑い草だ。彼自身が堂々と「人質外交」をやっているからだ。ようやく解放したとはいえ、アメリカ人牧師アンドルー・ブランソンを「テロ容疑」で長く拘束していた。反政府的なジャーナリストらを多数収監してもいる。


しかし今のエルドアンには、カショギ殺害の決定的証拠という強力な武器がある。トランプ米政権は当初、ムハンマドが「事態を乗り切る」ことを願っていたが、今はトルコ側の握っている証拠次第で皇太子失脚もあり得るとみているようだ。


エルドアンはまた、シリア内戦に関してアメリカに圧力をかけてくる可能性がある。アメリカの支援(とサウジ資金)でシリア領内にクルド人勢力の安全地帯ができる事態は、絶対に受け入れられないからだ。


アメリカにとってのクルド人はシリア内戦における最大の味方だが、トルコ政府にとっては反政府勢力・クルド労働者党(PKK)の仲間だ。イラクとシリア、そしてトルコの国境をまたいだクルド人国家の樹立を目指す彼らを、トルコ政府は許せない。


アメリカは8月、シリアでテロ組織ISIS(自称イスラム国)から奪還した地域への復興支援金(約2億3000万ドル)拠出を凍結したが、サウジ政府とUAEがその穴埋めをした。慌てたエルドアンは独自の代案を示し、シリア北東部からクルド人を撤退させ、米軍とトルコ軍が共同で治安維持に当たろうと提案している。


いずれにせよ、アメリカがサウド王家(とりわけムハンマド)の安泰を望む限り、エルドアンはカショギ殺害事件で手にした「貸し」を最大限に利用してくる。手の内を見せるのは、まだまだ先のことだ。


<本誌2018年11月6日号掲載>


※11月6日号は「記者殺害事件 サウジ、血の代償」特集。世界を震撼させたジャーナリスト惨殺事件――。「改革」の仮面に隠されたムハンマド皇太子の冷酷すぎる素顔とは? 本誌独占ジャマル・カショギ殺害直前インタビューも掲載。




[2018.11. 6号掲載]


ビル・パウエル(本誌シニアライター)


このニュースに関するつぶやき

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定