ホーム > mixiニュース > 海外 > 医療診断の試験で、AIが人間に圧勝した

医療診断の試験で、AIが人間に圧勝した

2

2018年11月13日 16:42  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<患者との交流で学習し知識を蓄積するAI。医療費削減や待ち時間短縮も実現できそうだ>


※この記事は、11月20日号(11月13日売り)「ここまで来た AI医療」特集より。長い待ち時間や誤診、莫大なコストといった、病院や診療に付きまとう問題を飛躍的に解消する「切り札」としての人工知能に注目が集まっている。患者を救い、医療費は激減。医療の未来はもうここまで来ている。


英医療系スタートアップのバビロン・ヘルス社が開発した人工知能(AI)のドクターは、人間の医師並みに優れた医療アドバイスを提供できることが確認された。患者がチャットでやりとりする携帯電話アプリか、ウェブサイトで利用できるこのAIシステムについて、英王立内科医師会とスタンフォード大学、エール・ニューヘブン・ヘルス・システムの研究者らの協力で、厳しい試験が行われた。


その1つが、イギリスの研修医が総合医として独立開業するために受ける医療診断の試験だった。研修医たちの過去5年間の平均スコアは72%だが、AIのスコアは81%に達した。


症状と疾患の範囲を広げ、より現実的な状況に即した別の試験では、経験豊富な医師7人と競った。ここではAIのスコアが80%だったのに対し、人間の医師は64〜94%という成績だった。一般的な症状のみの試験では、人間の医師は52〜99%と大きな幅があったが、AIは98%に達した。


バビロン・ヘルスによれば、このAIは人間との交流で学習し、最新の研究に関する知識を蓄積することができる。そのため、診断の精度は今後さらに向上する可能性がある。


これらの結果は、AIの限りない可能性を示すものだ。医師の負担を軽減し、迅速で正確な診断を行うとともに、時間を節約し、コストを削減することができるかもしれない。


「どんなに豊かな国でも、外来診療は受けにくくなってきている。待ち時間が長くなり、診察を受けるまでがひと苦労だ」と、バビロン・ヘルスの創業者でCEOのアリ・パーサは言う。


AIには限界があることも、パーサは認めている。例えば、人間の医師が提供する身体的・人間的なケアの代わりはできない。


「けれどもインフラレベルでは、AIが持つ医療サービスの費用節約効果は非常に大きい」と、パーサは言う。「しかもAIは健康に対する関心を高め、その管理を促す役割を果たすことで、病気の予防をはじめ医療全般のレベル向上に大きな役割を果たせる」


【参考記事】癌の早期発見で、医療AIが専門医に勝てる理由


【参考記事】医療のブロックチェーン革命で、ここまで出来るようになる


<2018年11月20日号掲載>



アリストス・ジョージャウ


このニュースに関するつぶやき

  • つまり「医師」はAIに取って代わられる職業で、「看護」が人間の仕事と言う訳だ。 と言うか、まんま其れが正しい気がしないでもないw
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定