ホーム > mixiニュース > 海外 > テキサスの落選候補がなぜ民主党の期待の星なのか - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

テキサスの落選候補がなぜ民主党の期待の星なのか - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

0

2018年11月13日 18:02  ニューズウィーク日本版

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニューズウィーク日本版

<テキサス州上院選で現職のテッド・クルーズに敗れた民主党候補のオロークが「ヒーロー扱い」されているのは、本人のキャラクターが魅力的というだけではなく......>


アメリカの中間選挙は、まだフロリダ州の上院選と知事選で決着がついておらず、2000年大統領選の「ブッシュ対ゴア」対決の際にも行われた「再集計」が始まっています。その一方で、僅差だったアリゾナ州では、共和党候補が「敗北宣言」を行ったために民主党新人の勝利が確定し、上院の議席数は「共和党52対民主党47(残1=フロリダ)」となりました。


選挙が終わると同時に、アメリカの政局は2020年の総選挙、つまりトランプ大統領が「2期目」を目指す大統領選(と同時に行われる上下両院の選挙など)に関心が移っています。大統領は、とにかく再選のためには必死ですし、民主党はホワイトハウスを奪還するために必死になる、その前哨戦が始まったと言えます。


そんな中で、奇妙なことに、今回の上院選で新人としてチャレンジして敗退した候補が、依然として「大統領候補への待望論」を語られたり、「落選したのに殊勲者」という評価をされています。


それは、テキサス州で現職のテッド・クルーズ議員に敗北したビト・オローク候補です。オローク候補は現在46歳、民主党の下院議員を3期務めていますが、その前は故郷のテキサス州エルパソで、スタントン・ストリート・テクノロジー社という会社を起業して経営していました。


では、どうして今回の上院選で「落選したのにヒーロー」扱いされているのか、それも大統領候補とか副大統領候補に取り沙汰されているのかというと、一つには本人のキャラクターが魅力的ということがあります。


ですが、それ以前の問題として選挙区の事情があります。テキサス州は保守の地盤ですが、1990年代までは2議席ある上院議員のうち1つは、ロイド・ベンツェンという民主党の長老が占めていました。ですが、93年にその議席を共和党が奪って以来、25年にわたって上院の議席は常に共和党が占めてきています。


また、大統領選についていえば、1980年のレーガン1期目以来、2016年のトランプに至るまで36年間に渡り、テキサス州は「すべて共和党候補を選出」してきています。例えば、2016年の場合は、


▼ドナルド・トランプ......469万票(52.1%)


▼ヒラリー・クリントン......388万票(43.1%)


と大差で共和党が勝っています。ところが、今回の上院選では、


▼テッド・クルーズ......424万票(50.9%)


▼ビト・オローク......402万票(48.3%)


という僅差になりました。これはアメリカ政治にとって画期的な事件です。オローク候補は、負けたのですが20万票差(2.6%)まで共和党現職に肉薄したからです。


クルーズという人は、政策は多少ブレていますが元来は「ティーパーティー系」の政治家です。ですが、今回は「もしかしたら落選するかもしれない」という危機感から、かつて2016年の大統領予備選で罵倒合戦を演じたトランプ大統領に「頭を下げて遊説に来て」もらい、ついでに宗教保守票もかき集めました。


それでもオローク候補に肉薄されたのです。理由としては、都市部における「アンチ・トランプ票」や国境地帯における「トランプ移民政策への反感」が後押ししたという解説がありますが、それ以上に好景気に沸くテキサス州には全国から多くの若い世代の労働人口が流入しており「南部の保守州」ではなくなって来ている、その要素が大きいと考えられます。


ということは、例えばオルーク氏がこの人気を維持して、2020年に大統領候補もしくは副大統領候補として再度共和党に挑戦した場合には、「もしかしたらテキサス全州区で勝利するかもしれない」という見方があるわけです。


これは大変です。というのは、テキサスは大きな州で、大統領選の選挙人数はカリフォルニアに続く全国2位の「38票」もあるからです。レーガン以来の共和党は、この38ポイントは自動的に自分たちのものとして選挙戦を組み立てていましたが、仮にこの38が民主党に流れると形勢は大きく変わります。


例えば、2016年のヒラリーはスイングステート(中道州)と言われる、フロリダ(選挙人数29)、ペンシルベニア(同20)を落として敗北しました。ヒラリーの獲得選挙人数は227で、過半数の270に43足りなかったのです。


ところが仮に、テキサスの38が民主党に行くとなると、2016年のヒラリーの勝敗に関して言えば「227+38=263」で、残り7票取れば当選になります。フロリダとペンシルベニアで勝てなくても、例えばヒラリーの落としたウィスコンシン(選挙人数10)さえ取れば(今回は民主党が上院で勝利)でもう当選です。


民主党にとって、テキサス州で「勝機」が見えてきたというのは、2020年を視野に入れた場合に極めて重要で、だからこそ「惜敗候補」のオローク氏に俄然注目が集まっているというわけです。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。ご登録(無料)はこちらから=>>




    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定