ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 周囲360度の障害物を回避できる! HoverドローンがAIを搭載して帰ってきた

周囲360度の障害物を回避できる! HoverドローンがAIを搭載して帰ってきた

0

2018年11月15日 10:22  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
ドローン好きの人でなくても、「Hover Camera Passport」を覚えているかもしれない。2年前に登場した折りたたみ式の4Kドローンで、性能に加えドローンに見えないデザインなどでも話題となった。

今回はその後継機「Hover 2」を紹介しよう。折りたたみデザインはそのままにAIを搭載するなどより安全に飛行し、そして質の高い撮影ができるのが特徴だ。クラウドファンディングサイトKickstarterにこのほど登場したところ早々に調達目標額を達成するなど人気を博している。・光学レーダー搭載ドローンには衝突などのリスクが常につきまとう。Hover 2では安全性を高めるため、光学レーダーや奥行きを検知するセンサー、AIを搭載。これにより周囲360度の障害物を回避できるようにしている。

肝心の撮影機能はというと、動画は4K、写真は12メガピクセル。ドローンといえば、ランニングや自転車、スキーなど動きのあるシーンを自動追跡しながらの撮影ができるものが増えてきているが、Hover 2ではコンピュータービジョンシステムを使って被写体をしっかりと追跡する。

AIが動きを予測することでフレーム内に被写体を常にとらえ、また撮影対象の人物を前から撮っているのか、後ろから撮っているのかも区別できるのだという。・最大飛行時間23分にそのほかPassportから大きく改善されたのが飛行時間だ。Passportでは10分だったのが、Hover 2では23分へと倍以上になった。

また専用コントローラーでの操作範囲が5キロに広がっているのもポイントだ。ストレージは8GB、さらにマイクロSDカードを使って128 GBにまで拡張できる。

高品質のドローン撮影をカジュアルに楽しめるHover 2、気になる価格はというと、コントローラーなしのベーシックパッケージがKickstarter では今なら399ドル(約4万5000円)〜となっている。出資は12月29日まで受け付け、来年3月の発送を予定している。

Hover 2/Kickstarter

    あなたにおすすめ

    ニュース設定