ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 猫のお腹のたるみ 役割を解説

猫ちゃんのお腹のタルタルはただの肥満じゃなかった!? ポヨヨンお腹の立派な役割を解説する漫画に驚き

246

2018年11月17日 15:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真猫ちゃんのお腹のポヨヨンとした部分には……
猫ちゃんのお腹のポヨヨンとした部分には……

 猫ちゃんの「お腹のたるみ」について解説した漫画がTwitterで話題になっています。



【漫画の続き】



 モデルになっているのは保護猫カフェ出身の猫、菊ちゃん。漫画を投稿した湊文さん夫妻に引き取られて一緒に暮らしています。菊ちゃんのお腹のタルタルが気になって調べたところ、猫のお腹のたるみは「ルーズスキン」という名前で、「敵にかまれた時に内臓まで歯が届かないようにする」などの説があるとのこと。単にお肉が余ってるわけじゃなく、役割があったとは。



 リプライ欄には「うちの子のお腹もタプタプです」「うちの猫は脂肪が詰まっています」といったコメントが寄せられ、いろいろなお宅の猫ちゃんの写真が集まっています。ルーズスキンに関しては「高い所から飛び降りるときのエアバッグ的な役割があると聞きました」「これがないと高い所へのジャンプの時に十分に足が伸ばせないそうです」といった情報も書き込まれています。



 湊文さんの漫画は、やわらかなイラストと手書きの文字であたたかな雰囲気。ルーズソックスをはいたコギャルが登場するなど、クスッと笑わせてくれる場面もあります。



画像提供:湊文(猫漫画)さん


このニュースに関するつぶやき

  • 『ハート様』と同じ原理かな?(ノ´∀`*)
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 飼い主さんにモミモミさせる為じゃ…?
    • イイネ!74
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(115件)

あなたにおすすめ

ニュース設定