ホーム > mixiニュース > コラム > お菓子「一個ちょうだい」調査

20代男性の約3割、お菓子を「一個ちょうだい」と言われて相手を嫌いに 特に許せない言い方に「一個オナシャス」

225

2018年11月19日 13:01  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

ロッテは11月16日、全国の10〜69歳の男女600人を対象に実施した、「それ一個ちょーだい」に関する調査の結果を発表した。

食べているお菓子を「一個ちょーだい」と言われたとき、あげるという人は86.3%に上った。あげない人は13.7%に留まった。特に60代では91%があげると答えている。

男女別では女性の71.2%、男性の54.2%があげると回答。男性の方があげることに抵抗を感じていることがわかった。

「昼食後の眠気で判断力が鈍っている」ため、昼過ぎならもらいやすいという結果に

「それ一個ちょーだい」と言われた時にストレスを感じるという人の割合は、20代で31%、60代で19%だった。また「一個ちょーだい」と言われると相手のことを嫌いになるという人の割合は20代男性で30%と最も高く、60代女性で10%と最も低かった。

総じて、年齢の高い女性ほどお菓子をあげることに抵抗がなく、逆に若年層や男性はあげることを嫌がる傾向があるとわかった。

次に、家族の誰になら「一個ちょーだい」と言われても許せるか聞くと、母親が63.8%で最も多く、兄・姉が46%で最も少なかった。

どの時間帯なら「ちょーだい」と言われてても抵抗なくあげるかを聞いたところ、昼が57.8%で最も多く、次いで夕方が22.7%、夜が16.2%だった。あげることに最も抵抗がなくなる時間の平均は、13時54分だった。調査を実施したロッテは、

「お昼ご飯を食べると満腹になり、お菓子やアイスに対する執着心が弱くなったこと、昼食後の眠気により判断力が鈍っていること」

が理由だと指摘している。狙っているお菓子がある人は、この時間帯に「ちょうだい」と言えば、成功率が上がるだろう。逆に、朝はあげたくないと感じる人が多く、9時14分が最もあげたくなくなる時間だということもわかった。

どのような言い方なら「一個ちょうだい」と言われても許せるか聞いたところ、1位は「1個ちょーだい」(69%)で、2位は「一個ください」(36.5%)、3位「一個いただけませんでしょうか」(23.7%)だった。逆に許せるという人が少なかったのは、「PLEASE GIVE ME ONE」(9.8%)と「1個オナシャス」(10%)だった。

2つしか入っていない雪見だいふく、約8割がもらいにくいと回答

ロッテの12商品のうち、「一個ちょーだい」と最も言いにくいお菓子は、雪見だいふく(79.2%)だった。2位のクランキー(25.7%)を大幅に上回っており、2つしか入っていない雪見だいふくは「ちょうだい」と言いにくいことがわかる。

逆に「ちょーだい」と言いやすいお菓子は、1位コアラのマーチ(74.2%)、2位パイの実(73.7%)、3位トッポ(65.8%)だった。

このニュースに関するつぶやき

  • それくらいあげるよ。ハロウィンが定着したら、気持ちよくあげる人も増えるだろうな。『ちょっとちょーだい』を容認したら、カツアゲ減るでしょ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 2個入りの雪見だいふくを「一個ちょうだい」って言える人ってある意味すごい(´Д`)
    • イイネ!133
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(150件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定