ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > ペットボトルに穴を開けるだけで簡易蛇口に 災害時に水を節約できる方法、警視庁が紹介

ペットボトルに穴を開けるだけで簡易蛇口に 災害時に水を節約できる方法、警視庁が紹介

0

2018年11月21日 12:02  BIGLOBEニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BIGLOBEニュース

写真警視庁警備部災害対策課のTwitterより
警視庁警備部災害対策課のTwitterより

ペットボトルを使い災害時などに水を節約する方法を、警視庁警備部災害対策課のTwitterアカウントが紹介している。


警視庁が紹介しているのは、ペットボトルを水道の蛇口のように使う方法。まず、ペットボトルに2〜3ミリほどの穴を開け、穴を指で押さえながら水を入れる。穴を塞いだままキャップを閉めると指を離しても水は漏れず、「簡易蛇口」が完成。キャップを緩めると穴から適量の水が出て、手洗いなどに使うことができ、キャップを閉めれば水が止まる。使用しないときは、ペットボトルの穴を上に向けて倒せば完全に水漏れを防ぐことができるという。


飲料用としてだけではなく、手や物を洗う生活用水としても必要な水。ペットボトルからそのまま水を出すと多くの量を使い、手は片手ずつしか洗うことができない。ペットボトルの「簡易蛇口」は、災害時にはさらに貴重になる水を節約できるとして紹介されている。警視庁警備部災害対策課のTwitterアカウントでは、これまでにも缶切りなしで缶詰を開ける方法なども公開している。


    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定