ホーム > mixiニュース > 地域 > JAL便、「オーバーブッキング」取りすぎ欠航 座席調整が到着空港の運用時間に間に合わず

JAL便、「オーバーブッキング」取りすぎ欠航 座席調整が到着空港の運用時間に間に合わず

1

2018年11月22日 10:10  BIGLOBEニュース

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BIGLOBEニュース

写真画像は日本航空のホームページのスクリーンショット
画像は日本航空のホームページのスクリーンショット

羽田空港発、福岡空港行きの日本航空JL335便が21日、オーバーブッキングのため欠航となった。


JL335便は、羽田空港を19時45分に出発する予定だったが、座席数よりも多い予約を受け付け座席が不足。別の便に変更するよう予約済の客に呼びかけたが、調整がつかず出発が大幅に遅延した。このため、福岡空港の運用時間に間に合う運航の見通しが立たなくなったことから欠航となった。NHKによると、JALは375の座席に対しておよそ400人の予約を受け付けていた。


JALは、「このような事態を二度と発生させることのないよう、再発防止に努めてまいります。当事案により、お客さま、ならびに関係の皆さま方に多大なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪している。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定