ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 平成最後のジュノンボーイGP松本大輝さんに決定、藤田ニコルもべた褒め「顔がタイプ」

平成最後のジュノンボーイGP松本大輝さんに決定、藤田ニコルもべた褒め「顔がタイプ」

0

2018年11月25日 19:31  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

月刊誌「JUNON」(主婦と生活者)が主催する美男子コンテスト「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の最終選考会が25日都内で開催された。応募総数1万6293人の中から、北海道出身の専門学校2年生松本大輝さん(19)が見事グランプリに輝いた。

コンテスト終了後、囲み取材が行われ、グランプリの松本さんと、審査員で同コンテストの第4回グランプリ受賞者である袴田吉彦と、藤田ニコルも同席した。

松本さんは応募のきっかけは「いつの間にお姉ちゃんが応募していた。コンテストは自分とはかけ離れている存在のものだと思っていた。」と応募当時を振り返りながら話した。

審査員の藤田は「審査で一番にしたので、すごくうれしい。顔がタイプというのもある」と話し、「失敗してもそのあとの笑顔が素敵で、汗ふくときにお腹ちらっと見えたのもかっこよかったです。」とべた褒め。松本さんから「お腹を出すのは計算だった」と告白されると、藤田は「まんまとやられました」と笑った。

また、袴田は、芸能界で気をつけることとして、「俺を反面教師にして、真面目にがんばるんだよ」と松本さんへアドバイスを送った。

最後に松本さんは、「まだなにもわからない自分ですけど、精一杯がんばっていくので、これからも応援よろしくお願いします」と締めくくった。

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストは、これまで武田真治、袴田吉彦、柏原崇、伊藤英明、小池徹平、平岡祐太、溝端淳平、三浦翔平、菅田将暉ら数多くの男性スターを送り出してきた。近年は4年連続、仮面ライダーの主演をジュノンボーイが射止めるなと、注目度も上がっている。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定