ホーム > mixiニュース > トレンド > 2018年の新語・流行語「そだねー」が年間大賞 トップテンには「(大迫)半端ないって」「おっさんずラブ」など

2018年の新語・流行語「そだねー」が年間大賞 トップテンには「(大迫)半端ないって」「おっさんずラブ」など

0

2018年12月03日 17:00  BIGLOBEニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BIGLOBEニュース

写真ユーキャン 新語・流行語大賞の年間大賞・トップテン
ユーキャン 新語・流行語大賞の年間大賞・トップテン

今年最も話題になった言葉を選ぶ「現代用語の基礎知識 選 2018 ユーキャン新語・流行語大賞」が12月3日に発表され、「そだねー」が年間大賞に選ばれた。


今年の年間大賞は、平昌五輪カーリング女子代表チームのロコ・ソラーレ(LS北見)が、試合の中で発した相づち「そだねー」が選出。選考委員を務めた金田一秀穂氏は、「何より、作られた言葉ではなく、自然に生まれた言葉であるので、ワザとらしさがない。当たり前の心がこもっている。北海道アクセントの温かみがある。地についている。スポーツ選手のことばなのに、気合や根性とは遠く、誠実でありながら、あくまでもほんのりとやさしく穏やかである。今の日本が必要としている清潔感に満ちている」と、この言葉を評した。


トップテンには、対戦型ゲームをスポーツ競技としてとらえた「eスポーツ」、サッカーW杯でヘディングシュートを決めた大迫勇也選手を称えた「(大迫)半端ないって」、日本ボクシング連盟の山根明前会長の影響力で審判が奈県の選手を優遇していた疑惑「奈良判定」が、スポーツから選出。エンタメでは、おっさん同士の純愛ドラマ「おっさんずラブ」とNHKの番組「チコちゃんに叱られる」から「ボーっと生きてんじゃねえよ!」が選ばれた。このほか、「ご飯論法」「災害級の暑さ」「スーパーボランティア」「#MeToo」と、いずれも今年話題になった言葉が選出された。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定