ホーム > mixiニュース > 海外 > パナマ文書めぐり米で初の起訴

「パナマ文書」めぐり、米で初の起訴 資金洗浄などの罪

17

2018年12月05日 22:55  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真「パナマ文書」に含まれていた日本関連の会社の書類
「パナマ文書」に含まれていた日本関連の会社の書類

 タックスヘイブン(租税回避地)を利用した各国首脳や富裕層の実態を暴いた「パナマ文書」に関連し、米司法省は4日、文書が流出したパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」の弁護士や顧客ら4人を、脱税や資金洗浄の罪で起訴したと発表した。文書を巡る米国での訴追は初めて。


 起訴されたのは、同事務所の弁護士でパナマ国籍のラムセス・オーウェンズ被告(50)、顧客でドイツ国籍のハラルド・フォン・デア・ゴルツ被告(81)ら。


 発表によると、オーウェンズ被告らは2000〜17年ごろ、パナマや香港で設立したペーパーカンパニーや架空の基金を使って、複数の顧客について米国での脱税や資金洗浄を行ったとされる。また、フォン・デア・ゴルツ被告は米国在住で納税義務があったにもかかわらず、自身などが設立したペーパーカンパニーを国外の母名義と偽り、脱税に使ったとされる。オーウェンズ被告は逃亡中という。


 米司法省は今回の起訴について、「国境を越えて行われる金融犯罪や脱税を立件するという、我々の決意を示している」との声明を発表した。


 パナマ文書の実態は、16年4月に「国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)」が報道し、アイスランドとパキスタンの首相が辞任した。パナマ当局は17年2月、同事務所の創業者2人を資金洗浄の容疑で逮捕。同事務所は今年3月末に閉鎖した。その後、6月に流出した別の文書では、一連の報道後に事務所内部で、虚偽文書を作るなどの隠蔽(いんぺい)工作が図られていたことも明らかになっている。(軽部理人)


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 中国の資産や資金も凍結されちゃうね?→おそらく【移民けしかけてるから】人民元&ウォン。北は偽札→「紙屑だから外貨じゃないと意味ないモンね?」
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 米司法省「国境を越えて行われる金融犯罪や脱税を立件するという、我々の決意を示している」だとさ。日本でも「パナマ文書」は問題だよね。「司法・検察」は仕事してんのかね?! ┐(-。ー;)┌
    • イイネ!17
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定