ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > オリFAの西、阪神移籍を決断

オリFAの西、阪神移籍を決断 近く3度目交渉し表明へ

135

2018年12月06日 18:06  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真西勇輝投手
西勇輝投手

 プロ野球オリックスから国内フリーエージェント(FA)権を行使した西勇輝投手(28)が7日、阪神への入団を表明した。この日、大阪市内で矢野燿大監督(50)らが同席して、阪神と3回目の交渉。その後、「タイガースにお世話になります。今までにないくらい悩んだけど、決断できてホッとしている」と話した。


 西についてはオリックスが残留を要請し、ソフトバンクなども獲得に乗り出していたが、阪神以外の球団には同日に断りを入れたという。


 三重・菰野(こもの)高出身の西はプロ10年で2桁勝利を5度マークし、通算74勝。今季最下位の阪神は先発投手が防御率4・23と不振で、その強化が課題だった。谷本修球団本部長らは11月中にも2度、西と交渉し、複数年の大型契約を提示していた。矢野監督とは野球日本代表「侍ジャパン」でコーチと選手だった関係もある。


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • オリックスの弱体化が・・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 頑張ってよ!頭数はいるけどまだまだ経験不足。軸はメッセになるけど、2番手は任せた。ホントは藤浪や小野・岩貞・青柳に任せたいんだけどね
    • イイネ!27
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(83件)

あなたにおすすめ

ニュース設定