ホーム > mixiニュース > 地域 > 遮断機、警報機設置へ=事故相次いだ「第4種踏切」−JR西日本

遮断機、警報機設置へ=事故相次いだ「第4種踏切」−JR西日本

2

2018年12月06日 19:30  時事通信社

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 JR西日本は6日、広島県福山市で死亡事故が相次いでいた自動遮断機や警報機のない「第4種踏切」を、来年3月中旬をめどに遮断機や警報機を設置した「第1種踏切」に格上げすると発表した。

 JR西によると、格上げされるのは福塩線の「岩崎の一踏切」。今年9月に近くに住む小学4年の女児が列車にはねられ、死亡した。

 昨年9月にも、原付きバイクを運転していた男性=当時(26)=と列車が衝突し、死亡する事故が起きていた。 

    あなたにおすすめ

    ニュース設定