ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > マンガBANG!で著作権トラブル

漫画家に無断で全巻無料公開? Web漫画サイト「マンガBANG!」で著作権トラブル、複数作品が一斉公開終了に

36

2018年12月07日 18:37  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真人気アプリ・Webサービス「マンガBANG!」(公式サイトより)
人気アプリ・Webサービス「マンガBANG!」(公式サイトより)

 “1万冊の漫画が無料読み放題”のWebサイト「マンガBANG!」に掲載されていた、日本文芸社の作品が一斉に削除されています。背景には「マンガBANG」運営会社以外の契約当事者間で、配信作品の認識に齟齬(そご)があり、漫画家に無断で連載中の作品が多数掲載されるなどのトラブルがあったとみられています。 



【画像で見る:日本文芸社とは】



 漫画アプリとして2014年にスタートした「マンガBANG!」は、2017年にWeb配信サービスを開始し、2018年5月からは『ミナミの帝王』『麻雀飛龍伝説 天牌』といった日本文芸社の人気漫画が多数公開されていました。



 中には1巻から92巻まで無料で読める状態となっている作品もありましたが、ある漫画家の代理人を務める東京フレックス法律事務所の中島博之弁護士は「漫画家側は(全巻無料で配信されていることを)把握していない」と指摘。日本文芸社や「マンガBANG!」の運営会社の「Amazia」社に対して説明を求めていると語ります。



●漫画家が知らぬ間に最新刊まで無料公開



――「マンガBANG!」を知ったきっかけは何だったのでしょうか。



中島弁護士:漫画村等の海賊版対策の一環でさまざまな漫画サイトを調べていた際に偶然発見しました。日本文芸社のものは300作品以上載っていて、ほとんど全巻が無料で読める状態だったため、私が顧問を務める漫画家にこの状況を把握しているか確認しました。



――その後どういった対応を取ったのでしょうか。



中島弁護士:漫画家は全巻無料公開されている状況を知りませんでしたから、11月上旬にAmazia社に対して説明を求める通知書を送りました。するとすぐに当該作品の配信が停止され、Amazia社と取次会社との間で結ばれた配信許諾契約書が送付されてきました。その後しばらくして、指摘した以外の日本文芸社を版元とする作品のほぼ全ての掲載が取りやめられたため、「正しく権利処理がされていないのでは」との疑惑が強まりました。これと並行して日本文芸社にも通知書を送りました。



――日本文芸社はどのように返答をしているのでしょうか。



中島弁護士:同社の代理人によると、漫画家との間に電子における出版権の設定をしているので、その一環としてやっているという内容でした。販売するものは「電子出版」と呼べますが、今回のように販売せず、無料公開している作品については電子出版の範囲に含まれないと考えます。またどの契約書のどの部分を指して全巻無料公開ができると主張しているのかを示すように求めています。



――無料公開をされることによって漫画家には全く利益が入らないのでしょうか。



中島弁護士:漫画自体は無料で公開されていますが、サイトの広告料については漫画家に振り込まれていることが分かりました。ただし今回の問題が発覚するまで、漫画家本人はそれが本の売り上げによる印税だと思っていたため、広告収入であるとの認識はありませんでした。



――金額にして大体どれぐらいの広告版権料が入っていたのでしょうか。



中島弁護士:日本文芸社の代理人の回答によると1月から3月末までで数十万円振り込まれています(※)。しかし、定価約600円で売られていたもので、今まで全くWeb公開されていなかったものが突然無料で最新刊まで公開されたら読者がそのサイトを一斉に見に来ることは予想できますから、たった数十万円で漫画家がかなり大きな機会損失をしているということは理解していただきたいです。また突然告知なしに全巻無料公開をするのは、定価で作品を購入している読者に対しても不誠実だと思っています。



(※)Amazia社に確認したところ、1月から3月までで支払われているのはアプリ版の版権料であり、日本文芸社の代理人が事実誤認している可能性があるとのこと。



――当該の漫画はいつまで無料公開される予定だったのでしょうか。販促の意味で「48時間限定で全巻無料公開」といったものはたまに見かけますが。



中島弁護士:Amazia社や日本文芸社代理人の回答によると、依頼人の漫画は「マンガBANG!」にて2018年5月2日から2037年12月31日まで無料公開される設定になっていました(※)。20年以上も無料公開することが販促になるとは思えませんでした。



(※)編集部注:Amazia社によると、2037年12月31日までという設定は、システムの設定期間であり、作品の許諾期間とは無関係とのことです。



――今後はどういった対応をとる予定ですか。



中島弁護士:損害賠償を請求するというよりは、まずはなぜ漫画家に無断で大量の作品が無料掲載されていたのかという真相究明を行いたい考えです。



●Amazia社と日本文芸社の見解は



 ねとらぼ編集部ではこうした状況を踏まえ、Amazia社に連絡を取りました。多数の日本文芸社作品の掲載が終了していることに対し、担当者は「取次会社から許諾を受けていて配信していましたが、取次会社側から配信終了の措置が取られたので、マンガBANGでの配信が終了しました」とコメント。



 日本文芸社とAmazia社との間にはいくつかの取次会社が入っており、取次会社側で「配信終了」の手続きを取れば自動的にサイトでの配信が停止するため、終了の理由については把握していないようですが、「版権料はきちんとお支払いした上での配信でした」とも話していました。



 また日本文芸社にも取材を申し入れたところ、12月7日に関係者で協議したと明かした上で、「運営会社以外の契約当事者間で、配信作品の認識に齟齬(そご)がありました。現在事実確認中で詳細は申し上げられませんが、Amazia社には一切の非はございません」とのこと。今後は該当する漫画家への個別の説明を検討していると話しました。



 漫画家が出版社に対して意見するというのはかなり勇気が必要なこと。今後どのような対応が取られるのか、取材を続けたいと思います。



※画像の一部は編集部で加工しています。


このニュースに関するつぶやき

  • 顧問弁護士を雇える漫画家って誰だよ?w
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • これは出版社が悪いだろ。っていうか、電子化するときは細心の注意が必要だと思う。
    • イイネ!25
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(25件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定