ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > M-1暴言騒動 上沼「なんとも」

上沼恵美子“M-1暴言騒動”に言及 久保田&武智に「なんとも思っていない」

661

2018年12月09日 12:31  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真(左から)とろサーモン・久保田かずのぶ、 スーパーマラドーナ・武智(C)ORICON NewS inc.
(左から)とろサーモン・久保田かずのぶ、 スーパーマラドーナ・武智(C)ORICON NewS inc.
 タレントの上沼恵美子が、9日放送の読売テレビのレギュラー番組『気になる情報のウラのウラ 上沼・高田のクキズケ!』(毎週日曜 前11:40)に出演。2日に開催された『M-1グランプリ2018』で審査員を務め、とろサーモン・久保田かずのぶとスーパーマラドーナ・武智にSNSで“暴言”を吐かれた件について、「お二人についてはまったく、なんとも思っておりません。暴言とか言われていますけど、まったく結構です。悪いですけど興味ないです」とコメント。上沼の“懐の深さ”に、ゲストをはじめスタジオ内の一般観覧者から拍手が沸き起こった。

【写真】とろサ久保田、女の子の体を執拗に触る客を…

 番組冒頭、一緒に司会を務める高田純次に「ちょっと一言、よろしいでしょうか」と切り出した上沼は、「ネットをまったく知らないアナログ女で申し訳ないんですが、M-1グランプリですごいことになってるらしくて。少しだけ言わせていただくと、私は審査を何年もやらせていただいていますが、えこひいきもしてませんし、真剣にさせていただいている。間違いなく私の意見の審査です」と審査への“批判”について自身の考えを明言。高田が「来年からは私が(審査員)やります」とジョークを飛ばすと「バトンタッチ!」と切り返した。

 番組終了間際、「お酒を飲みに行ったら気が大きくなって何でもあげてしまう」と言う上沼に、若手漫才コンビ「祇園」が「一緒に飲みに行かせて」と乗り出すと、「行こうね今度。ぜひぜひ」と笑顔で応えたが、「でも若手漫才師のグデングデンは嫌です」と笑わせた。

 騒動の発端となったのは、今回のM-1で7位だった武智が放送後に配信したインスタライブでの動画。昨年のM-1王者の久保田が泥酔した状態で登場し、名指しはしないものの審査員の上沼に対して「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」などと厳しく批判。撮影していた武智も相づちを打っていた(動画はすでに削除済み)。2人とも4日に自身のツイッターで上沼に謝罪、その後はまったく更新していない。

 上沼は、M-1翌日に出演したラジオ番組で「審査員は引退する」と宣言したが、“騒動”についてはその後に知ったとされ、この日放送の『〜クギズケ』での発言が注目されていた。

 同じく審査員を務めた松本人志は、同日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』で「彼らは何より勉強不足ですよね。上沼さんという人がどれだけの人か、本当にわかっていない。勉強不足だし、勉強が不足しているということすら勉強できていない」「お酒飲んでSNSすんなって皆言うんですけど、それはそれで変なかばい方だなと思って。いくらお酒飲もうが、全く思ってない事言わないですからね。そこはごまかしたらいけないなと思います」と厳しく叱責した。

このニュースに関するつぶやき

  • 上沼恵美子は好きではないが、「相手にしてくれない」という事は救済措置は無いという事。審査にいろいろあるだろうが、そういうのに出てるんだから評価されないと文句言っても。自分が評価して貰えるのに出れば〜。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 「興味ないです」この言葉の本当の意味を分かってる?最上級の嫌悪って事だよ。
    • イイネ!912
    • コメント 14件

つぶやき一覧へ(445件)

あなたにおすすめ

ニュース設定