ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 喧嘩最強だと思う漫画の主人公

ガチで喧嘩が最強だと思う漫画の主人公ランキング

665

2018年12月11日 11:33  gooランキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

gooランキング

写真ガチで喧嘩が最強だと思う漫画の主人公ランキング
ガチで喧嘩が最強だと思う漫画の主人公ランキング
少年漫画の人気ジャンルであるバトルもの。リアル路線からファンタジー路線、果てはギャグ路線とさらに細分化できるのですが、どれもかっこいいバトルが人気の秘訣と言えますね。
そんな作品を見ていて誰もが一度は思うのは、「このキャラとあのキャラが戦ったらどっちが強いんだろう?」という疑問なのですが、なかなかそんな夢の対決は実現しませんね。
そこで今回は、ガチで喧嘩が最強だと思う漫画の主人公についてアンケート、ランキングにしてみました。

1位 範馬刃牙
2位 新堂功太郎
3位 鮫島鯉太郎
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「範馬刃牙」!

地上最強の生物の息子、『グラップラー刃牙』の「範馬刃牙」が堂々の1位に輝きました。
ルール無用の地下闘技場で最年少の王者として君臨する範馬刃牙。全身には数え切れないほどの傷が刻み込まれており、普段のトレーニングや強敵との対決を言葉なく語るすごみがあります。
そんな裏の世界で王者に君臨する彼が目指すのは「世界最強」と思いきや、実はそんなことにはみじんも興味がなくただただ「地上最強の生物」と呼ばれる父、範馬勇次郎を超えるための研さんであることが作中で明らかになります。

2位は「新堂功太郎」!

空手の天才、『コータローまかりとおる!』の「新堂功太郎」が2位を獲得しました。
新堂空手道場の一人息子でありながら、さまざまな拳法を取り入れた独自の流派「極端流」を名乗る彼は、空手の枠を超えて柔道やプロレス、バンドのドラムとして活躍していくこととなります。

3位は「鮫島鯉太郎」!

元大関の息子、『バチバチ』の「鮫島鯉太郎」が3位にランク・インしました。
暴力事件によって相撲界を追いやられた元大関火竜の息子である鮫島鯉太郎、父親の死後は不良少年として成長してしまうのですが、空流部屋の空流親方と出会い力士として生きることを決め、豪快な突進や張り手を得意とする押し相撲で活躍することとなります。

いかがでしたか?
今回はファンタジー要素の強めな作品は除外し、徒手空拳で戦う主人公に限定させていただきました。

今回は「ガチで喧嘩が最強だと思う漫画の主人公ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜54位のランキング結果もぜひご覧ください。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:3,059票
調査期間:2018年11月02日〜2018年11月16日

このニュースに関するつぶやき

  • ケンシロウや剣桃太郎がいないのは「ファンタジー要素の強めな作品は除外し、徒手空拳で戦う主人公」って条件だから分かるけど、両津勘吉の名が無いのはなぜ?。それにしても新堂功太郎とは懐かしい名前だなあ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 江田島平八 ヽ(・∀・)ノ
    • イイネ!133
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(494件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定