ホーム > mixiニュース > 海外 > マッチョすぎるカンガルー死ぬ

マッチョすぎるカンガルーのロジャーくん亡くなる 自慢の筋肉で金属バケツまで潰し世界中で人気

120

2018年12月11日 13:00  BIGLOBEニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BIGLOBEニュース

写真画像はアリス・スプリングス・カンガルー救助センターのFacebookスクリーンショット
画像はアリス・スプリングス・カンガルー救助センターのFacebookスクリーンショット

オーストラリアのアリス・スプリングス・カンガルー救助センターで暮らしていたカンガルーのロジャーくんが死亡した。12歳だった。


ロジャーくんは、赤ちゃんの頃に施設の責任者であるクリス・バーンズ氏に保護された。その後、体長は2メートル程にまで成長し、大胸筋や上腕二頭筋など筋肉も非常に発達。金属のバケツを潰したりボクシングを行ったりと、そのたくましさや筋肉美で世界中から人気を集めていた。筋肉が自慢のロジャーくんだが、ウサギのぬいぐるみを抱きしめて放さないギャップのある一面も見せていた。


ロジャーくんも12歳の高齢となり、近頃は休むことが多くなっていたが、育ての親のバーンズ氏は8日夜にSNSを更新。「最愛のロジャーにお別れを」と、老衰のため亡くなったことを伝えた。また、最後の写真として亡くなる数日前のくつろぐロジャーくんの写真を公開した。

このニュースに関するつぶやき

  • 雄の成獣のカンガルーは筋肉体質な体になるけど、確かにマッチョや…写真のバケツ持った顔が、何となく「ドヤッ♪」と 潰したの自慢してる感じ(笑)
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 近くの農場のおじいちゃんが、ロジャーくんのために毎朝金属バケツを置いてたんだよね。潰したら直して置いてたんだって。
    • イイネ!77
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(55件)

あなたにおすすめ

ニュース設定