ホーム > mixiニュース > コラム > 愛犬が手術中死亡 獣医に怒り

長与千種、愛犬が手術中に死亡 獣医に怒り「謝りも説明もない。二度と医術に携わるな」

565

2018年12月12日 16:21  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

元女子プロレスラーの長与千種さんは12月12日、インスタグラムを更新し、パグの「みつお君」が亡くなったことを明かした。

今月6日には、ブログとインスタグラムでみつお君について、生まれつき上顎の裂傷があると説明。「固形物は勿論、お食事は ペースト状しかダメで お水も注意しなければ 裂けている上顎から鼻に流れ 呼吸が出来なくなる」状態を改善するための手術だったが、オペ中に亡くなった。

死因を聞いても「わからない」 医師の対応に「こんな医術者だとはわからなかった」


長与さんは、自身の率いるプロレス団体マーベラスで、保護犬の譲渡会を行っている。みつお君もこの関連で面倒を見ていた一頭のようだ。

インスタグラムでは、手術にあたった獣医らの対応を批判している。予定では奥の縫合だけだった手術が「何も同意無く、勝手に手前までいっきに」されていたり、なぜ死んだのか訊ねても「わかりません」という回答だったという。

「わかりません?? もし これが四つ足の動物でなく二本足で歩く人間ならば [わかりません]で、済むのでしょうか?」

獣医は「短頭種の麻酔はリスキー」だとも言っていたという。「先生は短頭種の手術を行う時、麻酔が大丈夫か大丈夫じゃないか賭けでやってるのですか?」という質問に「そうですね」と回答され、長与さんは「こんな医術者だとはわからなかった」とショックを受けていた。

「そんなんで動物医者やってるなよ 謝りも 説明もない わからないとか賭けでやってるとか(中略)医術者4人 学校からやり直すか 二度と医術に携わるな」

と、強い言葉で獣医らを批判した。

「これは酷すぎる」「医者が言う言葉じゃない」

一般的に、ブルドッグやパグ、シーズーなどの短頭種は元々気道が狭いため、麻酔をする際は特に注意を要すると言われている。獣医の話したことは正しいのかもしれないが、伝え方を工夫する余地はあったように思われる。

インスタグラムのコメント欄には、「これは酷すぎる」「医者が言う言葉じゃない」など、長与さんに同情する言葉が多く寄せられた。みつお君を助けられなかったことを謝罪する長与さんに「ご自分を責めないでください」と慰める声もあった。

かつて動物看護師をやっていたと名乗る人は、「医術は確かに『賭け』の部分がある」と前置きしながらも、「賭け」という言葉は「多くの臨床を経験し医療術を学び習得した医療者でも経験した事の無いような病気の治癒に当たる場合に初めて使われる言葉」だと指摘。「本当に許せません」と、怒りをあらわにしていた。

このニュースに関するつぶやき

  • 飼い犬が手術中に死んでしまった話。飼い主はチコさん(長与千種さん)だったか。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 術中死は仕方ないにしても、最低でも説明だけはしろよ。
    • イイネ!680
    • コメント 13件

つぶやき一覧へ(341件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定