ホーム > mixiニュース > トレンド > マリオット、2021年スリランカに初進出 JWマリオットとリッツ・カールトン

マリオット、2021年スリランカに初進出 JWマリオットとリッツ・カールトン

0

2018年12月14日 09:52  Traicy

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Traicy

写真写真

マリオット・インターナショナルと子会社のザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーは、ワン・トランスワークス・スクエアがスリランカ・コロンボで開発中の多目的複合施設に「JWマリオット・コロンボ」と「ザ・リッツ・カールトン コロンボ」を2021年に開業する。

トランスワークス・スクエア、コロンボ1に位置するプロジェクト「ザ・ワン(The One)」は、3棟のグラスタワーに「ザ・リッツ・カールトン コロンボ」と「JWマリオット・コロンボ」のほか、オフィスや住居、高級ブティック、宴会場、高級レストラン街、さらにヘリパッドを備える複合施設となる。地上300メートルほどの高さに位置するザ・リッツ・カールトン コロンボとJWマリオット・コロンボは隣接し、さらに東南アジア一の高さとなる92階建て376メートルのビルが加わる。

ザ・リッツ・カールトン コロンボは200室のホテルと187室のレジデンスから構成される。JWマリオット・コロンボは250室のホテルと218室のレジデンスを備える。最高級のレストラン3店舗とロビーラウンジで飲食を楽しめるほか、小規模の会合から交流会、ビジネスイベントまで幅広い用途に利用できる1,870平方メートルの宴会場も有する。

マリオット・インターナショナルのポール・フォスキーアジア太平洋地区最高開発責任者は、「ザ・リッツ・カールトン コロンボとJWマリオット・コロンボは、マリオット・インターナショナルにとって、スリランカのラグジュアリー市場参入の大きな一歩です。当社は今後も、急速に成長するダイナミックな同国での地歩を固めて参ります。大きなポテンシャルを秘めているスリランカに、ワン・トランスワークス・スクエア社とのパートナーシップで当社の多彩なラグジュアリーブランドを進出させるのが楽しみです」とコメントした。

    あなたにおすすめ

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定