ホーム > mixiニュース > トレンド > JR西日本、来年3月16日にダイヤ改正 おおさか東線全線開業やAシート・「らくラクはりま」の設定など

JR西日本、来年3月16日にダイヤ改正 おおさか東線全線開業やAシート・「らくラクはりま」の設定など

3

2018年12月15日 08:42  Traicy

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Traicy

写真写真

JR西日本は、2019年3月16日にダイヤ改正を実施すると発表した。

山陽新幹線は、「みずほ」を1往復増発し、1日7往復運転する。「さくら」とあわせ新大阪〜鹿児島中央間は直通列車を1日23往復運転することになる。北陸新幹線は、首都圏から金沢方面への利用が多い夕時間帯に、上野駅を午後6時台に発車する臨時「かがやき」を新設し、週末を中心に運転する。特急「サンダーバード」は、利用の多い夕方時間帯に、1往復(大阪午後7時12分発金沢行と金沢午後7時5分発大阪行)を増発する。

おおさか東線は新大阪〜放出間が開業し、全線開業となる。奈良〜新大阪間を約1時間で結ぶ「直通快速」を毎日4往復設定し、新幹線と奈良方面のアクセスが向上する。JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線では、有料座席サービス「Aシート」を開始し、網干・姫路〜野洲駅間で毎日上下4本運転する。通勤時間帯のほか、昼間や深夜にも運転する。また、JR神戸線の平日の通勤時間帯に特急「らくラクはりま」を新設する。

また、嵯峨野線(山陰線)の京都〜丹波口間に新駅「梅小路京都西」を開業する。普通のみの停車で、快速は通過する。

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定