ホーム > mixiニュース > トレンド > JR東日本、来年3月16日にダイヤ改正 北海道新幹線速達化や中央線特急刷新など

JR東日本、来年3月16日にダイヤ改正 北海道新幹線速達化や中央線特急刷新など

1

2018年12月16日 09:42  Traicy

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Traicy

写真写真

JR東日本は、2019年3月16日にダイヤ改正を実施する。

東北・北海道新幹線は、青函トンネルの最高速度を時速160kmに引き上げ、東京〜新函館北斗間の最短所要時間を3時間58分とする。また、一部「はやて」を「はやぶさ」に変更し、速達化を図る。

上越新幹線は、一部の「とき」「たにがわ」でE7系による運転を開始する。また、E7系では、アテンダントのサービスがない「グランクラス」を導入する。また、新潟駅での「とき」号と特急「いなほ」号の接続を改善し、定期列車同士で対面での乗り換えを可能とするほか、所要時間を短縮する。

中央線は、新たに3種の特急列車「富士回遊」「はちおうじ」「おうめ」が運行を開始し、新たな着席サービスも開始する。「スーパーあずさ」の愛称と、「中央ライナー」「青梅ライナー」は廃止する。

横須賀線・総武線(快速)・京葉線・武蔵野線で列車を増発するほか、南武線は夕通勤時間帯に新たに快速列車を設定する。運転区間は、下り川崎〜稲城長沼間、上り登戸〜川崎間。

山手線は、品川駅の車両留置線廃止に伴い、内回り品川行最終列車(品川駅午前1時19分着)は大崎〜品川間の運転を取りやめ、大崎行に変更する。

特急「つがる」「しらゆき」の時刻を変更するほか、「ホームライナー千葉」を廃止する。

■関連記事 東京〜新函館北斗間、「4時間の壁」突破 2019年春改正から JR東日本、中央線特急を来年3月16日から刷新 河口湖直通や通勤客向け特急設定

    あなたにおすすめ

    ニュース設定