ホーム > mixiニュース > トレンド > 阪急、観光特急「京とれいん 雅洛」を導入 2019年3月から運行

阪急、観光特急「京とれいん 雅洛」を導入 2019年3月から運行

4

2018年12月16日 12:12  Traicy

  • 限定公開( 4 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Traicy

写真写真

阪急電鉄は、現在京都線で運行している観光特急「京とれいん」の2編成目となる「京とれいん 雅洛(がらく)」を2019年3月に導入する。

今回導入する「京とれいん 雅洛」は、現行の「京とれいん」のイメージを継承しつつ、「ご乗車されたときから京都気分」をコンセプトに、7000系車両を改造した。乗車するたびに楽しめるよう、6両編成の1両ごとに季節を定め、すべての車両が異なる外観や車内デザインとしている。

特に、京都に向かう車内空間を楽しめるよう、日本を象徴する代表的な花である桜や日本の伝統文様である七宝紋等を用いて、各車両の内装に多種多様なデザインを施している。

この「京とれいん 雅洛」導入に伴い、日中の京阪間は1時間間隔で「京とれいん」が運行することになる。

    あなたにおすすめ

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定