ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 「愚痴の効用」占い師が伝授

「愚痴を吐くことはネガティブなものを流すチャンス」——“愚痴の効用”を占い師・しいたけ.が伝授!【連載】

103

2018年12月16日 15:12  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『しいたけ.の部屋 ドアの外から幸せな予感を呼び込もう』(しいたけ. /KADOKAWA)
『しいたけ.の部屋 ドアの外から幸せな予感を呼び込もう』(しいたけ. /KADOKAWA)

WEBマガジン『VOGUE GIRL』の「しいたけ占い」などでおなじみの占い師・しいたけ.さん。「毛布をかけられたような、癒されるアドバイス」に心が潤うと話題です。
ここでは、12月15日(土)発売の初のッセイ『しいたけ.の部屋 ドアの外から幸せな予感を呼び込もう』(KADOKAWA)の内容をちょっとだけ公開。しいたけ.さんのあたたかな言葉に、肩の力を抜くコツが見つかるでしょう。

 世の中には「愚痴を吐かない人」っています。愚痴を吐けないというか、愚痴を吐くのが苦手というんですかね。

 これは僕の経験上なのですが、「誰かの弱さによって苦しめられたことがある人」は愚痴を吐くのが苦手なんじゃないかと思います。そういう人の心の中には「つべこべ言ってないでやれよ」という消化されなかった怒りがけっこう強く残っている。無意識の中で使い続けている口癖が「許せない」であったりもします。

 たとえばなんですけど、誰か自分が信頼する人に「頑張る」と宣言されたのに、「やっぱりできなかった。ごめん」と謝られたときって、ちょっと「えー!?」って思うでしょう?

 それが本当にできなかったことならしょうがないけど、「やっぱりこの人は犲紊〞という巣に帰っていっちゃうんだ」みたいな感覚。

 僕自身、かつては愚痴を嫌悪していたし、愚痴は絶対に人前で吐かないと決めていました。別に、「愚痴を吐きましょう」と全員におすすめするつもりはないのです。ただ、中年になってみると、ときどき「いやあ、参ったよ」と愚痴を吐く効用もあると考えるようになりました。

 愚痴を吐く効用。それは自分自身の感情が「許せない」という怒りに傾いていくことを阻止して、ネガティブなものを少し流してチャンスを待つ方法にもなります。

「いやあ、参ったよ」と言える人は、他人のミスや弱さを許せる人です。「なんでもかんでも許せ」という話ではなくて、「いろいろありますよね」が20%ぐらい雰囲気でまとえるようになったらいいと思うのです。

 ひとつひとつのストレスに対して「絶対に許せん」と叩きつぶしていく人って、チャンスが「スッ」と来たときにすぐに反応できなかったりします。いつもストレスの小さな波を叩きつぶすことに疲れているから、チャンスになり得るものもつぶそうとしてしまうのです。

 愚痴を吐かない人を支える強さは、「許せない」という気持ちです。その強さって「こんな自分自身は許せない」という気持ちにつながります。そうやってビシッと立っている人はすごいんだけど、でも、強さの中に弱さをちゃんと隠さず持てる人でいたほうが、いい状態で長持ちする気がするのです。

 もちろん、ずっと愚痴を吐いていたりしたら、独特のすごくネガティブな雰囲気をまとってきちゃうから、頑張るところと、頑張れないところを分けたほうがいいと思いますよ。

さらに詳しく知りたい人は『しいたけ.の部屋 ドアの外から幸せな予感を呼び込もう』をチェック!』

悩みから探す

占い師から探す


「占い・開運2019」ほかの記事はこちら


動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 聞かされる人は迷惑でしかないけどね(・_・;)
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • たまに悪口と愚痴を一緒くたにして批判している人を見掛けますが、悪口と愚痴は全然違いますよねぇ…。
    • イイネ!28
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(42件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定