ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 大恋愛、小池徹平の名演に反響

ドラマ「大恋愛」、小池徹平の名演に反響「鳥肌もんでした」 ムロツヨシとの2ショットに絶賛の声続々

55

2018年12月16日 18:22  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真劇中では犬猿の仲、現場では仲良しの2人(画像は小池徹平Instagramから)
劇中では犬猿の仲、現場では仲良しの2人(画像は小池徹平Instagramから)

 俳優の小池徹平さんが12月16日、最終回を迎えたドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」(TBS系)で共演したムロツヨシさんとの2ショット写真をInstagramで公開。劇中で若年性認知症を発症するという難しい役柄を好演した小池さんに、ファンからは称賛のコメントが多数寄せられています。見事としか言いようがない演技だった。



【画像】戸田恵梨香さんとの2ショット



 ドラマで小池さんが演じていたのは、間宮真司(ムロさん)の妻で、同じく若年性認知症を患っている尚(戸田恵梨香さん)にゆがんだ愛情を向けていた松尾公平。公平は、尚をストーキングしたりマイクをハウリングさせて気絶させたり、心中するために睡眠薬入りのコーヒーを飲まそうと試みたりと、寂しさゆえ犯罪スレスレの行為に手を染めていました。初登場した第6話から第8話までは認知症の一歩手前である軽度認知障害(MCI)の状態でしたが、最終話である第10話で再登場した際には認知症がかなり進行しており、敵視していた真司のことも分からず、車椅子に座ったまま子どものような笑みを浮かべて朗らかに話しかけていました。



 投稿されたのは、最終話で演じた公平のヘアスタイルのままの小池さんがムロさんとともに、目を見開いた変顔をカメラに向けている1枚。小池さんは自身が演じた公平役について、「認知症の病と向き合わなければならない役を頂いて、難しい役どころでした」と素直な気持ちをつづっています。患者数が少ない病を演じるというだけで大変そう。



 難役に挑戦し、見事最後まで演じきった小池さんに、ファンからは「徹平ちゃんの演技、鳥肌もんでした」「演技力半端ない!!」と称賛するコメントや、すっかり役柄にひきつけられて「昔から大好きなのに、役見てめっちゃ嫌い! ってなったので演技力素晴らしいな流石だなって思いました」というコメントも。また、往年のファンからは「みんなに演技力認められてほんっとに感動してる」と喜びの声も寄せられています。これからもどんどん難役に挑戦してほしい。


このニュースに関するつぶやき

  • うっかり、小池徹平を嫌いになりにかかったわ。巧いわぁ。
    • イイネ!5
    • コメント 4件
  • こんな役もこんな表情も出来るのかと驚かされました。ルックスだけでなく演技力も備えて最強ですね。
    • イイネ!41
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(21件)

あなたにおすすめ

ニュース設定