ホーム > mixiニュース > トレンド > ボーイングとCOMAC、中国・丹山の新施設でボーイング737型機を初納入

ボーイングとCOMAC、中国・丹山の新施設でボーイング737型機を初納入

1

2018年12月16日 20:02  Traicy

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Traicy

写真写真

ボーイングは12月15日、合弁パートナーである中国商用飛機(COMAC)とともに、中国・舟山に新設したボーイング737型機最終仕上げ&引き渡しセンターから中国国際航空にボーイング737 MAX 8を初納入した。

アメリカ・ワシントン州のレントン工場で組み立てられた後、中国で最終仕上げが行われた。ボーイングの同様の施設としては、アメリカ国外では初めて建設したもので、中国の航空会社に納入するボーイング737 MAXシリーズの全機種は、レントン工場から舟山へ飛行後、内装作業を行うようになる。塗装ハンガーを3つ増設して塗装工程を担うなど、徐々に機能を拡大し、本格稼働を目指す。新造するボーイング737型機のうち、約3分の1が中国の航空会社に納入することになるという。

ボーイングのケビン・マカリスター民間航空機部門社長兼最高経営責任者(CEO)は、「半世紀近くにわたる中国とのパートナーシップがますます発展していることを象徴する日になりました。中国の政府、航空会社、航空業界のパートナー企業の皆様との長年にわたる関係、そして皆様からのボーイングに対する信頼を誇りに思います」とコメントした。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定