ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > 父のため開発 指輪型デバイス

「視覚障害者の父のために」 耳に指を当てて通話できる指輪型デバイス「ORII」発売

34

2018年12月18日 21:23  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真指輪型デバイス「ORII」
指輪型デバイス「ORII」

 人差し指を耳元に当てればスマートフォンで通話できる。そんなウェアラブルデバイスが登場した。香港のOrigami Labが開発した指輪型デバイス「ORII」(オリー)だ。実売予想価格は2万3800円(税別)で、12月18日に発売する。



【その他の画像】



 骨伝導技術を活用した指輪型デバイスで、装着した人差し指を耳元に当てると音声が聞こえる仕組み。内部マイクで指を耳に当てたまま通話もできる。



●ORIIでできること



 ORIIは、専用アプリ(iOS/Android)でスマートフォンやタブレットとBluetooth接続して使う。音声アシスタント(Siri、Googleアシスタント)を呼び出せば、通話だけでなくメッセージの送信や受信したメッセージの音声読み上げも行える。



 音声通話は、電話の発着信、LINEやSkypeの着信に対応。メッセージのやりとりはLINEやSMSなどで行える。AndroidアプリはIFTTT(イフト)との連携も可能という。



 操作は本体の両側面にあるボタンで行う。2つのボタンを同時に押せば電源が入り、電話がかかってきたら片方のボタンを押して受話できる。通話中にボタンを一度押せば音量が大きくなり、長押しすれば小さくなる――といった具合だ。最大約1時間半の通話が可能で、待受時間は48時間。



 記者が実際に試してみたところ、ORIIを装着しただけでは何も聞こえないが、耳元に指を当てた途端、通話内容が聞こえるように。耳の骨に近いところに指を当てた方が、よりしっかりと音声を聞き取れた。



 Origami Labのケビン・ウォンCEOは「ORIIはもともと視覚障害者である父のために開発したものだったが、誰にでも使ってもらえるデバイスになった」と話す。一般消費者向けに販売するだけでなく、人前では電話に出にくい百貨店やホテルなどで、従業員の連絡ツールとしての活用も見込む。



 今後はORIIの対応機能を増やすだけでなく、ORII本体の改善も進めていくという。「囁き声でも通話やメッセージを送れるようにしたり、ORIIを着けた指を耳に当てたら通話が始まり、下ろしたら通話が切れるといったジェスチャーにも対応できるようにしたい」(ウォンCEO)



 ORIIは国内代理店を通してビックカメラ、ヨドバシカメラといった家電量販店、+style、AmazonなどのECサイトで取り扱いを始める。



 本体カラーはダークナイト、アーマーレッド、スペースグレー、スターダストシルバーで、それぞれ3サイズ(S、M、L)を用意。サイズごとに大きさの異なる4種類のリングと充電器、充電用のUSBケーブルなどが付属する。


このニュースに関するつぶやき

  • …骨伝導……楽聖………ホントに凄い。…で、自分の演奏をヘッドホンやイヤフォンで聴いて……。多少は、聴くに堪えられるクオリティで聴けるその技術が……………その開発ってホントに凄い。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 欲しい。。。w
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(19件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定