ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 悪い姿勢でオバ尻に!美尻に導く「骨盤トレーニング」

悪い姿勢でオバ尻に!美尻に導く「骨盤トレーニング」

1

2018年12月26日 19:31  つやプラ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

プリッと上がったヒップラインをつくるために、筋トレはマストです。しかし、筋トレは継続しなければ効果があらわれませんし、筋トレをしても、あわただしい日常生活で休まざるをえない時もあると思います。

日本ウォーキングセラピスト協会代表理事の筆者が、筋トレに頼らずに改善が期待できる「速攻ヒップラインを上げる方法」をご紹介します。

■骨盤の角度によるヒップラインの違い

ヒップラインは、骨盤の角度により変わってみえます。以下、その違いをご覧ください。

(1)骨盤が後傾している

骨盤が後傾している

上記の写真は、筋トレ不足で、ヒップの筋肉ばかりでなく腹筋もゆるみ、骨盤が後傾している状態です。

(2)骨盤が前傾している

骨盤が前傾

一見、ヒップが上がっているように見えますが、背骨に負担をかける姿勢です。この姿勢の場合、後ろから見た時に左右のヒップがはなれてだらしないヒップラインに見えます。

(3)正しい骨盤の位置

正しい骨盤の位置

一見、普通に見えますが、この姿勢の場合、後ろから見たヒップも丸くなっており、だらしなく見えません。

正しい骨盤のポジションをとることができれば、自然にヒップが上がります。それがむずかしい方は、次にご紹介するトレーニングをお試しください。

■速攻ヒップアップ!簡単「骨盤トレーニング」

骨盤の角度を意識して、上がったヒップラインをつくりましょう。

筋トレをさぼりがちな方は骨盤が後傾しやすいので、それを正しい位置に戻すことでヒップラインが上がって見えます。

骨盤トレーニングのやり方

左右の脚を腰幅に開き膝を曲げます

(1)左右の足を腰幅に開き、ひざをまげます。

骨盤を前後に動かします

(2)骨盤を前後に動かします。この時、腹筋で骨盤を持ち上げる意識で行いましょう。これを、30往復行います。

骨盤トレーニングの注意点

骨盤を前傾させるとヒップの位置が上がったように見えますが、背骨に負担をかける姿勢になるのでおすすめしません。気をつけましょう。

骨盤の角度を整えるだけでヒップラインがすぐに変化しますので、ぜひお試しください。

(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂靖子
10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定