ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 【コラム】今年のアニメを振り返る 2018年アニメベスト10

【コラム】今年のアニメを振り返る 2018年アニメベスト10

2

2018年12月30日 12:21  エンタメOVO

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

 バラエティーに富んだアニメが話題となった2018年。独断と偏見で選んだテレビアニメベスト10をご紹介します。年末年始に、こたつの中で鑑賞してみてはいかがでしょうか。




1. ヴァイオレット・エヴァーガーデン
2. ポプテピピック
3. SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)
4. やがて君になる
5. 宇宙よりも遠い場所
6. はたらく細胞
7. ゾンビランドサガ
8. ハクメイとミコチ
9. 少女☆歌劇 レヴュースタァライト
10. ダーリン・イン・ザ・フランキス

 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、戦争の道具として扱われていた少女が、終戦後、亡き人に言われた言葉の意味を探しながら、自分の過去と向き合っていく物語。制作の京都アニメーションが技術の粋を凝らし、劇場アニメと見紛うほどの緻密な作画と、泣かせるストーリーで見る者を圧倒します。老若男女問わずに見てほしい作品です。

 打って変わって「ポプテピピック」は、怒濤(どとう)のパロディーが見どころの作品です。公式に「クソアニメ」を自称するだけあり、1話を前半・後半に分けて同じ映像を繰り返し流すなど、挑戦的な作風で、無駄に豪華な声優陣や、「このシーンはこの作品のこの部分が元ネタでは?」などとSNSでやり取りするのが楽しく、異様な盛り上がりを見せました。

 そして「SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)」は、1993年に放送された特撮番組「電光超人グリッドマン」を基にしたアニメ作品です。往年の特撮やアニメを思い起こす数々の演出や、謎の多い世界観を考察する楽しさもあり、話題となりました。アニメ単体で見ても面白いですが、やはり「電光超人グリッドマン」を少しでも視聴してから見ると、「そういうことだったのか…」と、一層深い感動を味わえるのでお薦めです。

 以下、「やがて君になる」は、高校の生徒会を舞台に、一筋縄ではいかない女性同士の恋愛を描く物語。登場人物たちのすれ違う思いや独白がとても印象的で、感傷的な気分になれる作品です。

 「宇宙よりも遠い場所」は、それぞれの思いを胸に南極を目指す少女たちの青春物語。ストーリーもさることながら、南極観測の様子を忠実に再現したことも話題となりました。先だってニューヨーク・タイムズ紙が発表した「ベストTV 2018 インターナショナル部門」を受賞したことも記憶に新しい、骨太な作品です。

 「はたらく細胞」は、人体の中の細胞を擬人化し、体の仕組みを楽しく学べる作品で、子どもから大人まで幅広い層に支持されています。教育機関・医療施設の関係者向けに本作の素材を無償提供したことも話題となりました。

 「ゾンビランドサガ」は、ゾンビとなった少女たちが佐賀県を救うためにトップアイドルを目指すという物語。原作は佐賀県広報公聴課ゾンビ係となっていますが、単なるご当地PRアニメにとどまらない、突き抜けた作風でコアなファンを獲得しています。

 「ハクメイとミコチ」は、小人の少女たちの日常と冒険を描くファンタジー味にあふれた作品。じんわり感動したり、癒やされたい方にお薦めです。

 「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」は、“トップスタァ”を目指す舞台少女たちの物語。アニメとミュージカルという形でメディアミックス展開しており、その特徴的な演出と衝撃的なストーリー展開で人気を博しました。

 そして「ダーリン・イン・ザ・フランキス」は、遠い未来の荒廃した地球で、巨大生命体とロボットで戦うことを使命とされた“コドモ”たちの物語。謎に満ちた世界観が徐々に明らかになっていく過程が面白い作品でした。

 いかがでしたか? ここでは紹介し切れなかったアニメ(シリーズものなどは除外しています)も多く、なかなか豊作の1年だったように思います。年末年始は一挙放送をするアニメも多いので、当コラムが、どれが面白かったかを語り合ったり、触れていなかった作品に触れてみたりするきっかけになれば幸いです。(江風葵)

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定