ホーム > mixiニュース > 海外 > カムチャツカ・シベルチ山が大爆発!噴煙1万m 航空コード「赤」を発令!(動画)

カムチャツカ・シベルチ山が大爆発!噴煙1万m 航空コード「赤」を発令!(動画)

1

2018年12月30日 14:31  ハザードラボ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

 30日、カムチャツカ半島東部にそびえるシベルチ山で爆発的噴火が相次ぎ、噴煙の高さが火口上空1万メートルを超えた。ロシア科学アカデミー火山地震研究所(IVS FEB RAS)は、周辺を航行する航空機に危険だとして、航空カラーコードを危険度が最も高い「赤」を発令した。

航空コード「赤」発令! 同研究所カムチャツカ火山噴火対策チーム(KVERT)によると、30日午前10時ごろ、シベルチ山で爆発的噴火が相次ぎ、現在も噴煙の放出が続いている。   噴煙の高さは、火口上空1万〜1万1000メートルに到達。二筋に分かれて、火山の北東35キロと、南西方向へ244キロに伸びている。

  KVERTの火山学者オルガ・ジリーナ(Olga Girina)氏は、「シベルチ山では火山活動が活発化しており、今後も引き続き爆発が起こる可能性が高い。噴煙は最大で1万5000メートルに達するおそれがある」として、航空カラーコードを最も危険度が高い「赤」に引き上げ、周辺を航行する国際線に厳重な警戒を呼びかけている。(動画:Rodrigo Contreras Lopez)  標高3284メートルのシベルチ山は、昨年秋から今年の春先にかけても爆発が相次ぎ、その影響で大規模な雪崩も発生した。

このニュースに関するつぶやき

  • これ、ヤバくない?
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定