ホーム > mixiニュース > コラム > 父の虐待、離婚9年後も爪痕…「引きこもり」の青年、賠償金はとれる?

父の虐待、離婚9年後も爪痕…「引きこもり」の青年、賠償金はとれる?

1

2019年01月01日 10:22  弁護士ドットコム

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

弁護士ドットコム

写真記事画像
記事画像

9年前に離婚した元夫に対し、子どもの虐待について損害賠償を請求したいという女性から、弁護士ドットコムに相談が寄せられています。


【関連記事:死んだ母に「ばかやろー、片耳返せ!」と叫んだ少女、壮絶な虐待からの生還】


その女性によると、元夫の虐待がトラウマとなり、「適応障害になり成人した今でも引きこもりになって」いるといいます。


しかし、離婚したのは9年前。「今さらとは思いますが」と話し、損害賠償を請求する上で時効があるのではないかと心配していました。


今回のケースで、女性は元夫に対して損害賠償請求をすることができるのでしょうか。早川雅子弁護士に聞きました。


●損害賠償請求は認められる?

ーー今回のケースでは、損害賠償請求は認められるのでしょうか


「損害賠償請求が認められるには、元夫の虐待行為があった事実及びそれによって、子どもが適応障害になり引きこもりになったという因果関係を立証しなければなりません。


結論から言えば、当時から精神科医や心療内科等で診察を受けていた診療録や診断書等が無ければ、損害賠償が認められるのは難しいと思われます」


ーー仮に証拠などが揃い、因果関係も認められたらどうでしょうか。その場合、時効はあるのでしょうか


「法律では、不法行為による損害賠償請求は、時効消滅すると規定しています(民法724条)。問題は、時効の起算点はどこになるかです。請求権を行使できる程度に損害や加害者を認識できるようになった時が、起算点です。


つまり、親からの虐待があった時ではなく、適応障害の症状が生じたときからとなります。


ただし、不法行為のときから20年経過した時も同様に消滅すると規定していますから(民法724条)、虐待行為時から20年経過すると消滅します」


●請求するのは、母親ではなく、子ども

ーー今回のケースでは、どう判断されますか


「すでに被害者は成人していることから、虐待から20年が経過している可能性もあります。しかし離婚して9年しか経過していないとのことです。離婚した頃まで虐待が継続していたとすれば、時効には該当しないと考えられます。


なお、子どもは成人していますから、請求の主体は、母親ではなく、子どもです」


ーーちなみに相談者は離婚しています。離婚の慰謝料として請求することもできるのでしょうか


「子どもに虐待することが離婚原因であり、離婚に伴う慰謝料の請求として請求する方法も考えられます。ただ、離婚から3年以上経過していることから、母親による請求は困難です」


(弁護士ドットコムニュース)



【取材協力弁護士】
早川 雅子(はやかわ・まさこ)弁護士
平成21年1月、司法過疎地の法テラス鹿屋法律事務所(鹿児島県鹿屋市)に赴任しました。DV被害者支援団体「アミーチ」の会長として、市と協力して、DV問題の啓発、独自の被害者支援活動を行っております。児童養護施設「大隅学舎」の顧問として、子ども相談ルーム「つながり」を利用し、直接会いたくない元夫婦が、時差で子どもの受渡しを行なう面会交流を実現しました。
事務所名:早川法律事務所
事務所URL:http://www.hayakawahouritsu.jp/index.html


    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定