ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 愛されるお金持ちの「お金との付き合い方」3原則

愛されるお金持ちの「お金との付き合い方」3原則

0

2019年01月06日 12:01  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

筆者は名門ブランドショップで店長をしていた時、多くの「愛されるお金持ち」の女性と出会ってきました。人にもお金にも愛されていた女性の「お金との付き合い方」をご紹介します。

■小分けに払うより最初にまとめて払う

「愛されるお金持ち」は、これが必要と思ったらためらいなく投資される方たちでした。「バッグも靴も洋服も気に入ったけど、とりあえず今日は靴だけ」などということはせず、気に入ったら最初に全部まとめて買われるのです。

なので、販売員の記憶にも強く残ります。その瞬間から、そのお客様は、「特別な人」になります。

「そんな投資ができるのは、お金持ちだから」と思われるかもしれませんが、逆にこういうお金の使い方をされるから特別扱いされ、どんどん豊かになっていくのです。

先に出す」「気前よく出す」「これだと思ったら惜しみなく出す」ことが大切です。

■少しでも迷ったら買わない

「愛されるお客様」は自分の感覚がはっきりしていますので、少しでも気になることがあったら財布の紐は固くなります。

「イマイチだけど、これでいいか」などと、納得のいかないお金の使い方はしません。浪費はせず「堅実に幸せを追求する」という姿勢なのです。

■寄付をする・シェアする

大きな災害の時などにセレブリティが多額の寄付をして話題になりますが、「愛されるお金持ち」は生活の一部として、寄付やボランティアをされていました。

「私にはそんな余裕はない」と思っていましたが、たとえ少額であっても自分も誰かの役に立てることができるのだと気づくと、心の中にやさしさと力が湧いてきます。コンビニの募金箱にお釣りの小銭を入れるなど、小さな寄付をつづけていくことで自分の中に何倍もの豊かさを呼び込んでくれるのです。

また、いただいたものは独り占めせず、何でもシェアしてくださいました。「お福分け」といって、福は分け合うことでさらに増えていくことをよくご存知でした。

お金はエネルギーです。循環させることで、また自分のところへ戻ってきます。愛を持ってお金を送り出し、「愛されるお金持ち」と同じ豊かさの感覚を味わいましょう。

※ミニマムリッチ=「上質なものを少しだけ」の意味です。日常の中での意識を少し上質に変えるだけで豊かになれます。

(ミニマムリッチコンサルタント 横田真由子 株式会社ケリングジャパン(旧 GUCCI JAPAN)で販売スタッフとして有名人やVIP客の担当となり、3年で店長に昇格。独立後「上質なものを少しだけ持つ人生」=「ミニマムリッチ®ライフ」を提唱する。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定