ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 目の「お疲れ度」をチェック

目のお疲れ度をチェック。スマホ・PC 5時間以上使っている人は要注意!

120

2019年01月09日 22:02  gooヘルスケア ニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

gooヘルスケア ニュース

写真写真

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

夕方になると、目がショボショボしていませんか? たまった眼精疲労を放置すると、視力低下や偏頭痛にもつながるので気をつけて! まずは目の疲労度のチェックを試しましょう。

現代は眼精疲労になりやすい生活環境

ほとんどの人が、仕事でもプライベートでもパソコンやスマホを使っている現代。仕事でパソコンを8時間使い、通勤時間はニュースをスマホで閲覧、寝る前はパソコン画面で動画を見るといった生活が当たり前になっています。こうなると目は1日中酷使されている状態。まずは、下記のチェックで自分の眼精疲労レベルをチェックしましょう。

<目のお疲れ度チェック>

下記の質問で当てはまるものを数えてください。

  • ・パソコン・スマホの合計利用時間が1日5時間以上
  • ・夕方になると目のピントが合いにくい
  • ・目が乾燥する
  • ・屋外ではまぶしいと感じがち
  • ・首こり、肩こりがある
  • ・偏頭痛がある
  • ・目がゴロゴロする
  • ・目がかすむ
  • ・まぶたが痙攣することがある
  • ・まぶたが重く感じる

結果:3個以下の人は、日頃のケアで治る眼精疲労レベル。4〜7個の人は、眼精疲労による不快症状がすでに出ているはず。目をしっかり休める日を作ることが必要です。8個以上当てはまる人は、重度の眼精疲労です。不快症状が続く場合は、眼科を受診しましょう。

眠るだけでは治らない疲れ目に要注意

本来、目の疲れは、夜眠るだけで取れるものでした。それが、昨今の生活環境の変化で眼精疲労が取れず、蓄積するように。そこで、今すぐできる目を疲労させない方法をご紹介します。

○パソコンやスマホ画面の明るさを下げる

パソコンやスマホの画面の明るさを、デフォルトのまま使っていませんか? ほとんどのパソコンやスマホ画面は、目には明るすぎです。設定画面で調整をしましょう。画面の白い部分が真っ白に見えている場合は明るすぎということ。ただし、画面がグレーになって文字が読みにくいのは、暗すぎて逆に目の疲労につながります。調整して自分の目が疲れない明るさを見つけて。

○スマホを近くで見すぎない

電車やバスに乗った時、スマホを見ている人を観察してみましょう。ほとんどの人が、顔から15センチほどの近距離で画面を見つめています。近くばかりを見ていると目の筋肉に疲労がたまりやすくなります。スマホを見る時は、30cm以上顔から離すように心がけて。

○1時間に1度は遠くを見る

パソコンやスマホなどの近距離ばかりを見ていると、目のピント調節をする「毛様体筋」という筋肉が緊張しっぱなしに。夕方になって目のピントが合いにくくなったり、目の疲れを感じるのはこのせい。1時間に一度は休憩時間をとり、遠くを見るなどして、毛様体筋をストレッチさせて。また、まばたきする機会が増えるので、ドライアイの予防にもなります。

○目のまわりを温めて血行を促進

目が疲れてくると、目のまわりの筋肉が硬直して、血行が悪くなります。目が疲れてきたなと感じたら、日中でも目のまわりを温めましょう。簡単なのが手のひらで目を温める方法。手のひらをこすり合わせて手を温めたら、目を閉じた上から目をそっと覆います。メイクが気になる人は、指先を温めてクマのできやすい部分やこめかみにあてたりするだけでも、目元がリラックスします。

このニュースに関するつぶやき

  • 元々直ぐに目が疲れる質で、ちょっと細かい仕事をしただけで眼痛が酷い。どうやら右目で見ようとする癖がある。掌でこめかみをマッサージすると痛みが和らぐのでお勧め。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 皆さんはどの位当てはまりましたか?
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(22件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定