ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 不自然な間取りの激ヤバ心霊ビルに行ってみた。ビルから存在が抹消された“謎の地下空間”に迫る

不自然な間取りの激ヤバ心霊ビルに行ってみた。ビルから存在が抹消された“謎の地下空間”に迫る

8

2019年01月11日 12:22  ニコニコニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニコニコニュース

写真写真

 殺人、自殺…様々な理由により、いわくつきとなってしまった事故物件。それらが話題にのぼるとき、怪奇現象や都市伝説の類として語られることもしばしば見受けられます。それは、北の大地・北海道の事故物件界隈であっても変わることはありません。

 そんな事故物件について徹底的に語り尽くすniconico生放送番組「事故物件ラボ」には、MCとして事故物件公示サイト「大島てる」管理人の大島てる氏(@Oshimaland)と、事故物件住みます芸人の松原タニシ氏(@tanishisuki)のふたりが出演。札幌すすきのにある怪談ライブバースリラーナイトの専属語り部の匠平氏(@1shouhei1)、稲川淳二氏のモノマネでおなじみの芸人のBBゴロー氏(@BeeBeeGoRo)がゲストとして登場しました。

 「北の国から事故物件」と題したコーナーでは、匠平氏がすすきのの「合法ハーブで店主が失踪した店」「4時45分になると、うなるヨシコちゃん人形」「梵字だらけの埋め立てられた地下室」などの事故物件にまつわる怪談を画像とともに紹介しました。

左から大島てる氏松原タニシ氏匠平氏BBゴロー氏。 店主が謎の失踪、前店主も発狂して死亡……いわくつきの合法ハーブ店

匠平:
 では最初の写真を。

松原:
 これは僕が気になって撮ったんですけれど……。僕がスリラーナイトのイベントで札幌に行った時に、このモニュメント何だろう? と思って撮ったんです。

匠平:
 すすきのを歩いていると等間隔でこういう謎のモニュメントがあるんですよ。この謎のモニュメントの道路を挟んで向こう側にある建物の2階へ上がって行くと、その当時合法ハーブを売っているお店があったんです。

 そこの店主さんがうちのお店によく遊びに来てくれていたんですけれど、「うちのお店が入っているところ、人が死んでいるんだよ」って言っていて、どういう死に方をしたんですか? って聞いたら、前の店主さんが合法ハーブにはまりすぎて、いろいろハーブを混ぜて吸いすぎた結果、発狂して死んだんですって。

 「後を継いで自分がお店をやっているんだけれど、やっぱり今でも変なことがある」と言っていて、作業中に自分しか入らない商品を置いてある棚のところから、急にガタガタと音がなって見に行ったら草が散らばっていたりとか……たぶん前の店長なんじゃないのかな、と。

 結局その人もおかしくなって、最終的にお店もなくなった。おかしくなってから店主さんがうちのスリラーナイト【※】に来たんですけれど、言っていることがわけわからなくて。最初はそれこそ合法ハーブをやりすぎたのかな? と思ったんですけれど、そんなこともなく、そのまま謎の失踪をしたというお店がありますね。

※スリラーナイト
匠平氏が所属する札幌すすきのに位置する怪談ライブバー。一時間に一回の怪談ライブがおこなわれている。

4時45分に突然うなりだす“ヨシコちゃん人形”

匠平:
 次の写真があります。

BBゴロー:
 かわいい。あの猫ちゃんですか?

匠平:
 そうですね。スリラーナイトで飼っている「たま」という猫です。これはお店の楽屋なんですけれども、手前に座っているのは人じゃなくて人形なんですよ。

 「ヨシコちゃん」という名前がついている人形です。ヨシコちゃんが2年ぐらい前にお店に来たんですけれども、お店に来てからうちのスタッフたちが「ヨシコちゃんが怖い」と言い出した。「何が怖いの?」と言ったら、「見た目うんぬんじゃなくて、あの子、しゃべるんですよ」と。いや、そんなわけないだろうと。

松原:
 そもそも何の人形なんですか?

匠平:
 こういうのを作るのが得意な方がいまして、ある日急に持ってきたんです。完全オーダーメイド製で……これはオーダーしていなかったんですけれども、「お宅なら面倒見られるでしょう」と言って置いていかれたものなんです。もともと何かしらのいわくがあったんじゃないかな、と。

 うちに当時いたカメイケンという怪談師がすごく霊感が強くて、彼も「あれはひどい」と言って、「毎日4時45分になると、うなるんですよ」と言っていました。

松原:
 4時44分じゃないんや。

匠平:
 僕は当時早番だったのでなかなかその時間まで居られなかったんですけれども、ある日、シフトの関係で遅番に入りまして、朝から4時45分のステージに立って。その時間帯はお客さんがいなかったんですけれど、練習がてらしゃべるわと言ってスタッフが僕の話を聞いてくれたんですよね。

 それでしゃべっていたら、ステージの僕の右手側にヨシコちゃんが座っていて、そっち側から「ゴホン」と聞こえたんですよ。あれ? と思ってパッと見たら、「ウー」とうめくなんてもんじゃなくて、「アー!」って言ったんですよ、僕がパッと見た瞬間に! その瞬間にスタッフが立ち上がってみんな逃げていって、僕もカウンターを飛び越えて裏へ行って……「うなるとかじゃないじゃん! 何なのよ!」と。

 それでいろいろ調べた結果、当時ちょうどヨシコちゃんを置いていた場所というのが、幽霊が出る場所だと聞きまして、人型をしていたので何かを伝えようとして中に入ってしまったんじゃないか、と。霊感がある人に「ここはやめなさい」と言われてから、すぐにずらして、それからは何もないです。

松原:
 ちょっと待ってください、店にいつも幽霊が座っている場所があるんですか!?

匠平:
 三ヶ所ありますね。ゆるめのパーマをかけた女性の幽霊はカウンター席によく座るんですよ。でもその方に関してはいい幽霊ですね。お客さんが入らない時間帯に、そこにお酒とおつまみ置いて「姉さん、誰か連れてきて」って言ったら団体客が入ってきたりとかして赤字をまぬがれるという。

松原:
 座敷わらしみたいやな。確かに幽霊が出る店のほうが繁盛するみたいな飲食店の都市伝説がありますもんね。

BBゴロー:
 (コメントを読む)「よしこ=4:45?」っていう。

匠平:
 うわ! 今気づきました。そういうこと……。

松原:
 今気づいたんですか(笑)。 

匠平:
 普通に「ヨシコです」と言われているんですよ。いや……すごいですね。名探偵がいますね。

BBゴロー:
 すごい……鳥肌が立った。

隠された地下の監禁部屋? 脳裏に椅子に縛られた少女の姿が

匠平:
 次の写真にいきましょう。

 これもすすきのの近くにあるビルですね。みんな「サン◯ビル」と呼んでいるんですけども、ここもすごい古いビルです。カラオケボックスのある部屋で人が亡くなっている事故物件と言われているんですけれど、死んだという話以上のことは僕は聞いたことはないです。次お願いします。

 これもすすきのの、とあるビルです。僕の行きつけの居酒屋さんが入っているビルなんですよ。ちょっと次の写真もまた出してもらえますか?

 僕が指をさしているあの細い廊下を歩いていくと、その先に僕の行きつけの居酒屋さんがあるんですけれど、友達とかを連れて行くとたまに廊下に入る手前ぐらいで「こっから先入れないわ」って言われることがすごく多くて。

 なんで? と聞いてみたら、下を指さして「地下がやばい」って言うんですよ。ただこのビルは地下がないんですよ。なのに「地下がやばい」と言うんです。「お前が気持ち悪いっていうんだったら、入らないでおこうか」と言ったんですけれど、右手側に立ち食いそば屋が当時ありまして、僕はそこでよくそばを食っていたんですよ。

 ある日、僕がひとりで来て、そばをひとつたのんで、すすり終わってお会計した後に急にお店にいたおっちゃんが、「さっき変なババアが来た」って言い出して、「このビルは地下が怖いわね」「この向こう側の居酒屋さんって、すぐに潰れるでしょう」「そういうことよ」って言って、その女の人はいなくなったんですって。

 怖いなって思ったわけですけれども、そこで僕も好奇心があったもんですからいろいろ調べた結果、僕がよくご飯を食べている居酒屋ができる前、内装工事の段階で床を剥いでいったら、床にものすごくでかい鉄製の扉が出てきたんですって。

松原:
 床に扉が?

匠平:
 扉には取っ手がついていて開けてみたら、階段がずっと続いていて、何十年も開けていないようなカビ臭いニオイがしてんだそうです。でも、そこで仕事をやっているもんですから、下を確認しないとだめじゃないですか? でも、しばらく開けていないだろうから、今入ると酸欠になってしまうかもしれないと。だから一日放置して次の日に4人で階段を降りて行ったんですって。

 階段を降りて懐中電灯で照らしてみたら、天井から壁から床まで全部梵字がぎっしりなんですって。

松原:
 梵字?

匠平:
 それがぎっしりで……それだけでも怖いじゃないですか。その奥にさらに扉が一枚あるんです。開けてみたら、その部屋も変わらず壁一面、天井、床も全部梵字がぎっしりだったわけなんですけれども、その部屋には椅子が一脚だけ置いてあったんですって。

 でもこれを見た瞬間に、みんなその部屋から飛び出して階段駆け上がってすぐに扉を閉めて「これはなかったことにしよう」と報告もしなかったらしいんです。何が怖かったのか僕が改めて聞いてみたところ、椅子を見た瞬間だ、と。椅子を見た瞬間に、みんなの脳裏に、その椅子に女の子が縛りつけられていて、服がパッパッと切り替わるにつれて女の子がどんどん年を重ねていって老いて死ぬ姿が見えたんですって。

松原:
 イメージで?

匠平:
 イメージで。これが4人全員一斉に浮かんだらしいんですよ。それが浮かんだから逃げているんですって。だからたぶん、その部屋で監禁されたような子がいたんじゃないかっていう。僕の友達で不動産をやっている奴がいまして、そいつにも「ビルのことを調べて欲しいんだけれど」と言って調べてもらって資料を出してもらったら、「地下室はない」とこのビルは言っているけれど、その資料では地下室があるんですよ。

 その地下室というのを、どこの企業さんが借りていましたよという履歴みたいなのがずっと残っているらしいんですよね。ところが、20年以上何の記述もないところがあるんですって。

松原:
 20年間の空白……。

匠平:
 その前には違う企業が借りていたというのがあって、そこから空白があり、 また違う企業があって、そこから「埋め立てましたよ」という記述に切り替わっています。

一同:
 はあ〜……。

匠平:
 それでは、その20年間には何があったのか? と。

松原:
 すごい話やな。

BBゴロー:
 これはテナントビルなんですか?

匠平:
 テナントビルです。次の写真を見ていただくと、右手側にカーペットみたいなのが敷いてあるところがあるじゃないですか。

 そこが、僕がよく行く居酒屋なんですけれど。次の写真ですね。

 地下に降りているんですけれど、さっきのビルの地下じゃないんですよ。さっきのビルに隣接しているビルの地下を降りているんです。

 通路はすごく暗いんですよ。次お願いします。

 この壁の向こう側が、さっきのビルの地下にあたるところなんですけれど、急に壁の質感が変わるんですよ。

松原:
 コンクリートっぽいですけれど、うすいベニヤみたいな感じでしたよね?

匠平:
 そうですね。実際叩いてみたら、うすいベニヤに柄モノを貼っているだけ。ずっと叩いていくと、途中で音が変わる場所があって、もしかしたらですけれど隣のビルからは地下に入れるようになっていたのかもしれないです。ここらへんに扉があったのかな? という反響するポイントがあったもんですから。

松原:
 この話って、都市伝説みたいな話じゃないですか?

BBゴロー:
 怖いけど面白い。

匠平:
 不思議ですよね。ここはタニシさんと一緒に見に行ったんですけれど、金色のピカピカした壁の隣に扉がひとつあって、そこにもテナントが入っているんですよ。次の扉までの距離感があからさまに不自然じゃないですか? そんなに広いテナントじゃないんで……。

BBゴロー:
 動物とか入れたら変な反応とかするんですかね。

匠平:
 カナリアみたいな?

BBゴロー:
 そうそう。パタっと倒れちゃったり。

匠平:
 入れたことがないからわからないですけれども、タニシさんが階段を降りている最中に「ひとつ目の事故物件に入った感じがする」と言っていました。

松原:
 僕、霊感はないんですけれど発動しましたね。よくよく聞いたら本当に変な話やったから、めっちゃ怖かったです。あ、ちょうどこれがわかりやすいですよ。

匠平:
 トイレの下のところ、ポコっと何も書いていないところがあるじゃないですか。あそこが地下空間になっているんですけれども、奥のほうに扉がついていたじゃないですか。でも、テナントが何もないんですよ。

松原:
 ここが監禁部屋の可能性があるということですね。ありがとうございました。いかがでしたでしょうか。みなさん、どうですか。(コメントを読む)「怖かった」。

匠平:
 (コメントを読む)「すっげえ面白かった」「さすがです」。ありがとうございます。

松原:
 てるさん、どうでしたか。

大島てる:
 都市伝説みたいだという話がありましたけれど、東京の地下鉄が実はそうだっていう話が昔出ましたね。

松原:
 梵字が張り巡らされて?

大島てる:
 そうではないんですけれど、大江戸線のルートが大昔からできていて、ある日使われるようになったという伝説がありますね。ですから地下鉄を作るのに大金がいると言って予算を取るんですけれど、もともと実は戦前からあったと。そういう伝説はありますね。

松原:
 てるさんも、都市伝説とか好きなんですね。

大島てる:
 実際地図で見ると、浅草線と大江戸線のカーブ具合がおかしいという感じのところが……。東京の話ですけれども思い出しました。

匠平:
 世界大戦の時とかだったんですかね?

大島てる:
 軍用の地下鉄としてもともとあったという。それが突然、石原都知事の時代にできたという都市伝説ですよね。

BBゴロー:
 首相官邸から富士演習場の地下も実はつながっている道路があるとか。

大島てる:
 間取りの図がまさにそれを連想させるようでした。

「事故物件住みます芸人」の松原タニシ、初の書き下ろし単行本
【事故物件怪談 恐い間取り】 好評発売中!

▼記事化の箇所は2:06:35から視聴できます▼

『大島てる×松原タニシの事故物件ラボ』

−あわせて読みたいー

・『事故物件アワード2018』は「4人が集団自殺した北九州の部屋」大島てる&松原タニシが今年を代表する事故物件を選出

・何の因果関係もない自殺・他殺が何件も…実在する“事故物件多発エリア”の紹介がエグすぎる。松原タニシ「この一帯、全部それぞれ違う死に方」

・“殺人アパート”に残された生々しすぎる痕跡を事故物件住みます芸人が写真でご紹介「明らかに新しい畳なので…めくったら案の定、血痕ですよね」


このニュースに関するつぶやき

  • 長過ぎて読まない。 途中飛ばして最後だけ見たら、結局、本の宣伝だった。アホくさ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 東京大空襲で亡くなった人々の霊はどこ行ったんすかね? 関が原は武者の霊だらけっすか? 心霊は人の心の不安をあおるだけで実存しない。
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

ニュース設定