ホーム > mixiニュース > コラム > 転職したら職場で孤立…デザイナーになる夢をかなえた30代男性の悲劇

転職したら職場で孤立…デザイナーになる夢をかなえた30代男性の悲劇

28

2019年01月11日 16:12  日刊SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊SPA!

写真写真はイメージです(以下同じ)
写真はイメージです(以下同じ)
「3年前に念願のアパレル業界に転職できたものの、仲間外れにされて孤独な日々でした」とがっくりと肩を落と庄司幸秀さん(仮名・38歳)。

「自分にも非があるから、ますます孤立したんです。後悔しても遅いですけど……」と語る彼。一体何があったのか。

◆憧れのデザイナーになれたのに…

 学生時代から絵が得意で、コツコツと好きな服のデザイン画を描いていた庄司さん。将来の夢はもちろんデザイナー。大卒後は、ブライダル関係の企業に入社するが、配属されたのは希望の部署ではなく、披露宴の予約などのデータ入力や事務処理を行う宴会部門だった。だが与えられた仕事を忠実にこなし、その後ウェディングドレスのレンタル部に異動された。

 庄司さんはそこで夢を叶えるチャンスをつかむ。庄司さんのデザイン画を見たレンタル部の部長が、アパレル会社のデザイナー職を紹介してくれたのだ。

「ブライダル会社の部長は、僕がここでは伸びていけないと思ったそうです。もし合わなければ戻ってこいと激励の言葉をかけてくれました」

 このアパレル会社は庄司さんの好きなブランドも生産しており、社員50人の中堅会社。新卒採用が中心で、デザイン部に中途で入社したのは庄司さんが初めて。入社が決まってからの気分はウキウキだった。

「夢が叶って、これから楽しい日々が待ってると信じて疑いませんでした」

 だが現実は厳しい。入社後、社内で彼に声をかけてくれる人は誰もいなかったのだ。

「中途入社の僕は完全によそ者扱いという感じの空気でした。さらに不運だったのが、入社してすぐ、僕が好きだったブランドの生産が終わってしまったんです。ブランドシリーズの継続を会社が断念したため、僕は新たなプロジェクトチームに入りました。でもそこは仲良しデザイナーグループが占領して、僕の入る余地がなかった」

 35歳で他業種に転職の難しさをかみしめた庄司さん。コミュニケーションを取ろうとしたが、前職は一人で仕事をすることが多く、仲間同士でつるんでいるプロジェクトチームに入りこめなかった。

「しかもほとんどが女性。男性は管理職一人。誰とも話さず、一日中何もすることがなく、途方に暮れました。そこでスマホをいじってデザインのネタを探すことにしたのですが、これがますます自分を孤立させる原因となったんです」

 デザイン画のためにスマホを使用していたのに、「あの人は仕事中、スマホで遊んでいる」とプロジェクトチームの女性たちが、上司に訴えたのだ。庄司さんは弁明したが、入社一か月も経たなかったため、すっかり信用がなくなってしまった。

◆信用を取り戻すため奔走も、味方がいなかった

「一度失ってしまった信用を取り戻すのは大変なことです。でもそこにいるためには、やるしかない」

 名誉挽回するには、結果を出すしか道はなかった。だがプロジェクトチームのメンバーとコミュニケーションが取れないために、やり方がわからず、結果も出せない。そのため、ますます四面楚歌になってしまった。

「焦っても、もがいても、味方が誰もいないんです。新しいデザインどころじゃない。出社しても誰も話しかけてくれない。どんどん追い詰められていきました」

 入社して数ヶ月、女性社員たちの進言が理由か、とうとうプロジェクトチームから外された庄司さん。次なる仕事は、出荷業務だった。

「そこでは、シャツやジャケット、ズボンなどの注文商品を一つ一つ畳んで梱包し、配送準備をするのです。社員は指示するのみで、仕事は派遣の女性が担っていました。ところが僕は派遣女性と一緒にシャツやズボンを畳むように指示されてしまって。畳むのが苦手で、派遣の人から『使えない』と陰口を叩かれて。そこでも孤立してしまいました」

 強度のストレスが続き、庄司さんはめまいが頻繁に起こるようになった。病院にも通ったが、症状は悪化してしまう。

「限界でした。一年も経たないうちに、辞めました」

 職場を紹介してくれた部長に申し訳ない気持ちから、元の職場に戻ることだけは避けたかった庄司さん。その後、望んだ会社への就職は叶わず、体調も芳しくない。現在は行政書士の友人の事務所を手伝いながら、趣味でデザイン画を描いている。

「その内、これがお金になっていけばいいかなと思っています。副業でもいい。僕はとにかく好きなことを続けようと思います」

 こう語る庄司さんだが、収入は会社員時代から大幅に減っている。現状、再就職をするつもりはないとのことだが、彼が好きなことで生活できる日は果たしてくるのだろうか。〈取材・文/夏目かをる〉

このニュースに関するつぶやき

  • 起業したらどうか?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • えげつない言い方になるが、これは最初からクビに持っていきたかった可能性もある。真に実力があるならツテを頼らず自力で拾う神のところに行くべし。真に実力が無いならつけるか諦めるべし。
    • イイネ!29
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(15件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定