ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > 大画面の新型iPad Proを手にした旧式iPadユーザーの想定外の驚き

大画面の新型iPad Proを手にした旧式iPadユーザーの想定外の驚き

1

2019年01月12日 08:12  ITmedia PC USER

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真12.9型iPad Pro(下)と7.9型iPad mini 4(上)
12.9型iPad Pro(下)と7.9型iPad mini 4(上)

 2019年早々、新型iPad Proシリーズが“湾曲”しているとの指摘に対しアップルがサポート情報を公開して見解を表明するなど、話題を集めている新型iPad Pro。それだけ、iPad史上最薄の5.9mmというスリムボディーが衝撃的だったのでしょう。



【その他の画像】



●電子書籍化への道



 前回の記事では、7.9型の小型モデル「iPad mini 4」を「12.9型iPad Pro」(第3世代)に転生させ、ボディーサイズの違いや気になったところをチェックしました。今回は、初代iPad miniからiPad mini 4と代々利用してきた電子書籍ビューワーに注目し、12.9型の新型iPad Proではどういった体験が得られるのかを見ていきます。



 一口に電子書籍といっても、専用のハードウェアから各社のプラットフォーム、果てはアプリとさまざまな入り口があります。もちろん、電子書籍ストアも乱立している状態で、なかなか一つに絞りきれず、興味があるけど一歩を踏み出せないという方もまだまだ多いのではないでしょうか。



 かくいう筆者も、電子書籍が用意されていれば「置き場所を取らない」という一点だけで電子書籍版を優先する派ですが、現実はなかなかうまくいきません。というのも、好みの作家や毎月購入している雑誌(こんな人も今は少数派でしょう)が、ことごとく電子書籍と縁が遠いものばかりだからです。



 例えば作家の宮部みゆきさんは、小説は壊滅状態、電子書籍になっているのが宮部さん原作のコミック本ばかりで、数少ない電子書籍も『平成お徒歩日記』(新潮社)や『宮部みゆきの江戸怪談散歩』(KADOKAWA)といった町歩きエッセイだけです。一方の雑誌は、音楽ものだと『MUSIC MAGAZINE』や『レコード・コレクターズ』(いずれもミュージック・マガジン)といったものが挙げられます。



 結果として、毎年部屋の片隅にうずたかく書籍と雑誌の山ができあがります。以前は実家に本の山を送りつけて年を越していたのですが、ある日「1階のドアが開けにくくなった。2階に何を置いているのだ」との連絡が入り、2階に置いてある筆者の書籍や雑誌、CDやLPの山が重すぎて影響を与えていたことが判明しました。



 もう、この手は使えません。すわ、貸倉庫を探すか、あるいは非破壊的スキャンの検討かとも考えましたが、背に腹はかえられない段階に追い込まれた筆者が取った最終手段は、PFUの「ScanSnap iX500」と断裁機による“自炊”でした。当時はスキャン代行業者なるものが数多く存在していましたが法的に課題があるサービスは利用できません。



 1つの作品として完成されている書籍や雑誌の断裁には心理的な抵抗がかなりありますが、自身でデータを自由に扱え、置き場所を取らないという意味で自炊は選択肢として残された数少ないものでした。



 こういった経緯を経て、年末にたまった本や雑誌をスキャンしてPDF化し、裁断した紙はリサイクルに出すというのをここ数年繰り返してきました。PDF化したデータはNASに保存し、iPad miniやiPadで閲覧というスタイルがすっかり生活になじんできました。



 置き場所や電子書籍ストアの統廃合に悩まされることがなく、雑誌などで特定の記事が省かれているサブスクリプションモデルのイライラとも無縁で、いつでもどこでも書籍や雑誌を見られるメリットは何物にも代えられないものです。



 特にRetina化された第2世代iPad mini以降は、アプリ「Comic Glass」で電子書籍ライブラリーを楽しんできました。Comic Glassは有料のアドオンを活用することで、データをダウンロードすることなくネットワーク越しに閲覧できるのがツボにはまり、愛用しています。動作が軽いのもポイントです。



●読書体験がワンランク上がったかのような奇妙な現実



 iPad mini 4とComic Glassというタッグを、12.9型の新型iPad Proに置き換えることで何が変わるのでしょうか。



 単純に、7.9型で2048×1536ピクセル表示のiPad mini 4から、12.9型で2732×2048ピクセル表示の新型iPad Proにすることで、画面が広く大きくなって文字が読みやすくなります(画面のアスペクト比は両モデルとも4:3です)。実際、Comic Glassの本棚画面もiPad mini 4が5冊×4段表示だったのに比べ、12.9型iPad Proでは6冊×5.5段表示に拡大しています。



 また、iPad mini 4だと書籍の注釈や雑誌の写真キャプションといった小さい文字は、どうしても画面を拡大して見るという一手間が発生していました。こういった煩わしさは12.9型iPad Proでは皆無です。むしろ、iPad mini 4では1ページごとに見るのが精いっぱいでしたが、12.9型iPad Proなら2ページ見開き状態での閲覧も問題なくできるようになりました。



 加えて、筆者の読む雑誌は半径がA5判と小さいタイプが多く、12.9型iPad Proで見ると雑誌や書籍の判型が自動的に大きくなります。さらに色合いも自然でトータルでワンランク上の品質になったかのように錯覚を覚えるほどです。例えるなら、文庫本が女性誌になったかのような印象です。本をスキャンするときに、データ量の肥大化をケチって150dpiなどにせず、300dpi以上に設定していて良かったと思うほどでした。



 あまりに低dpiでスキャンするとファイル容量は少なくて済みますが、12.9型iPad Proなどで見ると文字のジャギーが目立ち、写真も残念な状態になってしまいます。むしろ、今後のことを考えるともっと高品質な設定にしておいた方が無難かもしれません。さらに傾きやホコリの混入といった粗が目立ってしまうので、スキャン時にスキャナの清掃や調整がシビアになるというのが実際かもしれません。



 こうなると、紙の状態で読むよりも一度スキャンして12.9型iPad Proで読む方が読書体験が上質になるという、なんとも奇妙で驚きの体験が日常にやってきた状態です。



 もちろん、感触や匂い、デザインなど紙の状態も魅力ですが、デジタルならではの利便性と新たな価値は大いにお勧めできるものでした。こういった自炊ではなく、一般の電子書籍なら手間暇をかけることなく閲覧できます。電子書籍ストアやプラットフォームの統廃合時のリスク(購入したデータの扱いはどうなるかなど)は避けられませんが、ぜひ店頭で新型iPad Pro、特に12.9型で一度電子書籍を見て欲しい、というのが正直な感想です。



 次回は、Prime Videoなどの動画視聴を試してみたいと思います。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定