ホーム > mixiニュース > コラム > いじめを放置した教師が罰せられる法案に誰が反対しているのか?

いじめを放置した教師が罰せられる法案に誰が反対しているのか?

32

2019年01月12日 10:20  まぐまぐニュース!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まぐまぐニュース!

写真写真

教師に求められるのは、教育に対する情熱・使命感と子供に対する愛情です。いじめに対し見て見ぬふりをするなど職務放棄といわざるを得ません。今回の無料メルマガ『いじめから子どもを守ろう!ネットワーク』では、「いじめ防止対策推進法」の改正動向を紹介、なぜいじめを放置する教師を懲戒対象とすべきなのかについて力説しています。

今こそ「いじめ防止法に教師への処罰規定を」

昨年の12月、サポーターの方から地元の下野新聞の論説をご紹介いただきました。「いじめ防止法改正 信頼関係構築に努力必要」というタイトルで、超党派の国会議員による勉強会がいじめ防止対策推進法の改正に向けた素案をまとめたというものでした。その素案には、

教員がいじめの疑いを把握しながら放置するのを禁じ、これに反した対応をした場合は懲戒処分の対象にする

と示されているというものです。さらに本論説では、

学校・教委の側に被害者側に寄り添う姿勢が全くうかがえず、対立があらわになる例はほかにも多々ある。防止法の趣旨を根付かせていくには、改正以前に教育現場の意識改革が必要だろう。

と締めくくられております。私たちが皆様と共に、長年に渡って訴えてきた「いじめを隠蔽放置加担あるいは主導する教師は懲戒することを盛り込むことが必要だ」という主張が実現する日が間近に迫ってきていることが感じられます。子供たちを守るためには、国として絶対に宣言しなくてはならないことです。

全国100万人を超える教師の中で、いじめを隠蔽したりするような教師はほんの一握りです。しかし、その一握りの心無い教師を担任に持つ子供たちにとっては、それはつらい現実です。その一握りの教師をかばうために教育界には教師を罰するのは反対だとの声が根強くありました。この壁を破らなければなりません。

法制化すると短絡的に「いじめがなくなる」というわけではありませんが、いじめは放置してもかまわないと考えている教師たちに、「いじめにはきちんと対応しなければいけない」という意識変革を促すための第一歩です。

昨年末にお会いしたヤンキー先生こと義家弘介前文科副大臣からも「来年はやりますからね」という力強いお言葉をいただきました。文部科学省自体の「いじめ」に対しての取り組みが積極的な方向に転換し、「いじめ防止対策推進法」に「教師の懲戒」を盛り込むことが議論されている今こそ、保護者の声を文科省議員の皆様に届けてまいりたいと存じます。どうか、お知り合いの中に文科省、議員の皆様がいらっしゃる方や、あるいは、法改正に影響力をお持ちの方とご縁があります方でご賛同いただけるようでしたら、お声がけをお願いしたいと存じます。

冬休みが終わり、学年末に向けての毎日がはじまります。先生方の異動もこの学期中に検討されますし、4月からのクラス編成も検討される季節です。ですから、いじめやその他の問題も、保護者としては早期に決着する必要があります。なにか気になることがありましたらご遠慮無くご相談いただければ幸いです。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク

代表 井澤一明

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 行政の不作為?怠慢?民間企業と違って役所は重大な過失が無い限り職員個人に責任を負わせることは滅多に無いけど、イジメ犯罪は責任の線引きが難しそうだね。イジメ犯罪者か教師か学校か
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • 解決に努力するより【無い事にする】ほうが結果的に上からの評価が高くなるからですよ 来年度まで我慢させたほうが楽ならそれに流れる教師は当然出てくるでしょう(;・ω・)
    • イイネ!24
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(27件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定