ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 2歳・女の子の読み聞かせにオススメの「しかけ絵本」12選

2歳・女の子の読み聞かせにオススメの「しかけ絵本」12選

1

2019年01月12日 21:52  It Mama

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

It Mama

写真shutterstock_1059933635
shutterstock_1059933635
source:https://www.shutterstock.com

絵本の読み聞かせは、大切な親子のコミュニケーション、子どもの情緒や想像力を育てる大切な時間と考えているママは多いと思います。


そんな時間をもっと楽しいひと時にするために、しかけ絵本で読み聞かせしてみませんか? 絵本の中の楽しいしかけは、子ども達の好奇心を刺激してくれることでしょう。


今回は、何度読んでも面白い、女の子におすすめのしかけ絵本をYuzuponさんにご紹介いただきます。



しかけ絵本って?

絵本に描かれた絵に細工がされており、ページをめくると絵が飛び出したり、タグを引っ張ったりめくったりできる絵本です。


しかけ絵本と言っても、布でできたものや音が出るもの、光るものもあり種類は色々! ギミックに凝っているだけでなくストーリー性があるものも多いので、どれを選ぶか迷ってしまいそうです。


本をめくった瞬間から始まるドキドキワクワクな世界は、小さな子ども達の好奇心を誘い、本に興味を持つきっかけにもなるのではないでしょうか。



2歳女の子におすすめ「しかけ絵本」12選

(1)いつかきっとバレリーナ (ポップアップ絵本)


source:https://www.amazon.co.jp

バレリーナを夢見る女の子におすすめのとってもキュートな1冊。タグを引っ張っるとワンツーワンツー、一緒にバレエのレッスンが楽しめます! 


やがて女の子はチュチュにティアラをつけたプリマドンナになり、王子さまと……。ふんわりと描かれたイラストが夢の世界へと引き込んでくれます。


習い事にバレエを考えているお子さんにぴったりですね。



(2)おめでとうのももんちゃん (ももんちゃんのポップアップえほん)


source:https://www.amazon.co.jp

2歳の誕生日に贈られることの多いしかけ絵本「おめでとうのももんちゃん」。こちらのしかけ絵本は「ももんちゃんあそぼう」シリーズの1冊です。


きんぎょさん、サボテンさん、おばけさん、いつもの仲間と、ももちゃんがプレゼント持ってをお誕生日会にお出掛け。どんな仕掛けがあるのでしょう……? 紙は厚手なので、小さな子どもが雑に扱っても破れにくいとママに好評のようです。


(3)てんとうむしのおさんぽ: プルバックでゴー! (しかけえほん)


source:https://www.amazon.co.jp

付属されているてんとう虫が、絵本に描かれたコースを散歩するしかけ絵本です。ページごとにお散歩コースが変わり、カエルやミツバチなどのお友達が次々と現れ、子ども達の興味を引き出してくれるしかけがいっぱい。


ひとりでちゃんとお家に帰れるかな? おもわず「てんとう虫がんばれー」と声をかけたくなる1冊です。


(4)おおきい ちいさい (0.1.2.えほん)


source:https://www.amazon.co.jp

親子でお出かけする際にぴったりなしかけ絵本です。大人の手のひらサイズになっているので、かさばることなく持ち運びができそうです。


おおきい・ちいさい、あつい・さむいなどの反対語を学ぶことができます。電車やバスなどの移動が多いママさんにおすすめです。


(5)ドアをあけたら


source:https://www.amazon.co.jp

窓から覗くとカエルさん、ドアを開けるとあれ?あれれれれ……? 窓から見る姿とドアを開けた時のギャップをしかけ絵本で楽しませてくれる1冊です。


ドアを開けた時の意外な姿に子ども達もびっくりするはず! 好奇心と想像力を刺激してくれるしかけ絵本ではないでしょうか。


(6)ポップアップ・シー (とびだししかけえほん)


source:https://www.amazon.co.jp

色鮮やかな海の世界がポップアップで楽しめます。サメやカラフルな魚達、イルカなどが飛び出てくるしかけ絵本なので、海や魚好きなお子さんに読んであげたい一冊です。


ページをめくるごとに、どんなお魚さんが飛び出てくるのかワクワクしそうです。口コミでは絵がきれい、カラフルで色鮮やかというママの声も。


(7)パノラマせかいりょこう (WORK×CREATEシリーズ)


source:https://www.amazon.co.jp

お子さんと一緒に世界一周の旅へ出掛けませんか? じゃばら型に収納されている絵本を広げると、各国の言語での挨拶、名所・習慣などが書かれていてしかけ絵本になって紹介されています。


この絵本は読むというより、親子で見て触って楽しめる絵本になっているので、お子さんが外国語を楽しく学ぶきっかけとなる一冊としてもおすすめです。


(8)ディズニープリンセス まほうの とけいえほん


source:https://www.amazon.co.jp

時計学習のためのファーストブックにぴったりな1冊です。時計の針を動かしながらディズニープリンセスの世界へいける魔法の時計。


午前7時はシンデレラとおめかししてお出掛け、12時(正午)はラプンツェルと一緒にピクニック、午後6時はオーロラ姫の舞踊会など……。お気に入りのプリンセスと一緒に時間を楽しく学ぶきっかけになりそうですね。


(9)やさいさん (PETIT POOKA) 


source:https://www.amazon.co.jp

シンプルなしかけなのですが、リアルに描かれた野菜とダイナミックなしかけが人気の1冊です。野菜の当てっこ遊びもできるので親子で楽しむことができそうですね。


野菜嫌いの子どもがこの本をきっかけに野菜が好きになったとの声もあり、子ども達が本と野菜に興味を持つきっかけになりそうな一冊です。


(10)ピカピカひかるピアノ けんばんが光るガイド付き (光る★音でる♪知育絵本)


source:https://www.amazon.co.jp

鍵盤を叩くとピカピカ光って遊べるピアノの絵本です。光るガイドに合わせて21曲の人気メロディーを弾くことができます。ピアノの音色だけでなく動物の鳴き声などにも変わり、7種類から音を選べるので、音当てクイズもできて楽しそうですね。


メロディーが鳴ったり、光ったり、ガイドがついているので、飽きずに長く遊ぶことができるのではないでしょうか。


(11)きょうの おやつは (福音館の単行本)


source:https://www.amazon.co.jp

鏡のように反射するピカピカの紙で作られたしかけ絵本です。両側のページの絵が互いに映りこむので立体的に見ることができます。


まるで自分がおやつを作っているかのように工夫されているので、おままごとが好きな女の子にはぴったりの絵本ではないでしょうか。


(12)さわってごらん! ふしぎなふしぎなまほうの木


source:https://www.amazon.co.jpM

文章に導かれて木にさわったり、声をかけたりしてページをめくっていく不思議なしかけ絵本です。触ってこすって温めて、予想外の展開に子ども達も驚きの声をあげるかも……!


子どもだけではなく季節のうつろいを感じることができるこのしかけ絵本は、親子で楽しめる1冊です。



様々な趣向を凝らしたしかけ絵本は、子ども達の心を鷲掴みにしてくれるだけでなく、パパもママも読みながら一緒に楽しむことができるのもポイントの一つです。


まだまだ紹介しきれないしかけ絵本がたくさんあるのですが、今回、ご紹介したしかけ絵本で、子ども達が本に興味を持ってくれるといいですね!


【参考・画像】
※1 いつかきっとバレリーナ (ポップアップ絵本)
※2 おめでとうのももんちゃん (ももんちゃんのポップアップえほん)
※3 てんとうむしのおさんぽ: プルバックでゴー! (しかけえほん)
※4 おおきい ちいさい (0.1.2.えほん)
※5 ドアをあけたら
※6 ポップアップ・シー (とびだししかけえほん)
※7 パノラマせかいりょこう (WORK×CREATEシリーズ)
※8 ディズニープリンセス まほうの とけいえほん
※9 やさいさん (PETIT POOKA) 
※10 ピカピカひかるピアノ けんばんが光るガイド付き (光る★音でる♪知育絵本)
※11 きょうの おやつは (福音館の単行本)
※12 さわってごらん! ふしぎなふしぎなまほうの木


※ Vladeep / Shutterstock


【関連記事】


※ 『きょうもいやがらせべんとう』作者 パパ芸人・タケトさんが明かす「絵本誕生ストーリー」【前編】


※ 「自分でー!」な2歳イヤイヤ期・女の子との遊び方ポイント3つ


※ イラストに釘付け!東大「あかちゃんラボ」監修、赤ちゃんが好きな絵本って?


※ 秋冬出産ママは絶対準備して!小児科医ママがおすすめする「鼻水ケアグッズ」とは[PR]


※ 出産前から始めたい︕初心者ママにおすすめのお金の運用術とは︖[PR]


※【産後の肌対策】2人目出産ママが体験した「エイジングケア」と優秀アイテム[PR]


※ 小児科医に聞いた「赤ちゃんの肌を考えたベビー用品選びのポイント」は?[PR]


◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください


    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定